スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

新たな視点に気がついた!羽生結弦が公式チャンネルで大切にしたい事とは?

noteプロデューサーである徳力基彦氏による、羽生結弦が2時間にも及ぶ、SharePracticeを編集せずに配信したのは、

単なる公開練習ではなく、ファンの方々とのコミュニケーションの場の1つという今までにない視点での分析が非常に興味深いわ。

YouTubeというツールを利用し、かざらない素の自分を見てもらおうという姿勢には、深い理由があったのよね。

スポンサーリンク

新たな視点に気がついた!羽生結弦が公式チャンネルで大切にしたい事とは?



羽生結弦選手の公式YouTubeに学ぶ、動画が基本の世代のコミュニケーションの形

従来であれば、積極的に見せるものではなかった公開練習を、逆にフィギュアスケートに興味をもってもらうために公開するという姿勢は、羽生選手の世代が「動画」という手段をいわゆる「コンテンツ」ではなく「コミュニケーション」の1つとして使っている世代であることとシンクロするように感じます。

おそらく従来のアスリートであれば、仮に練習時の動画を公開するとしても、生中継で全てを公開するのではなく、撮影した動画を編集した「コンテンツ」として公開するのが普通でしょう。

しかし、羽生選手はあえて2時間の練習を、そのまま全てライブ中継することを選択しました。

この公開練習には多数のメディアも招待されていましたが、おそらく羽生選手としては、会場に入りきれないけれども招待したかったファンの方々に同じものを見てもらうための生中継、という選択なのだと思います。

撮影した動画を編集し、無駄な時間をカットし、テロップや解説などをつけて見やすくすれば、当然動画単体の「コンテンツ」としては見やすくなりますし、見てもらいたいところだけを見てもらうことができます。

ただ、羽生選手は、逆に2時間の練習をそのまま公開することで、自分の素の練習風景を、そのまま視聴者の人たちに受けてもらうことを選択したわけです。

この世代からすれば、動画を撮影したり、ライブ中継をすると言うことは、必ずしも非常に特殊な行為ではなく、日常のコミュニケーションの1つになりつつあるのです。

特に象徴的なのは、「SharePractice」の生中継の最中に、羽生選手自らスマホのチャット画面を見ながら、視聴者に「リクエストありますか?」と問いかけていたシーンです。

羽生選手にとって「SharePractice」は、単なる公開練習ではなく、ファンの方々とのコミュニケーションの場の1つということなのだと思います。

こうした羽生選手のかざらない素の自分を見てもらおうという姿勢は、YouTubeチャンネル開設後の2本の動画にも表れています。

1本目と2本目の動画は1分と5分という短い動画ですが、1本目の動画はカメラに向かって語りかけるシンプルな自撮り動画。

2本目の動画も、固定カメラに向かって語りかける動画に、ジャンプの映像を組み合わせた動画になっており、なんと動画の編集は羽生選手本人が行っているそうです。

羽生選手であれば、当然凝った動画をプロの方に依頼して製作することも可能だと思います。

ただ、羽生選手としてYouTubeでやりたいのは、凝った動画「コンテンツ」をたくさん作ることではなく、プロになった自分のスケートを多くの人に見てもらい、スケートの魅力を多くの人に知ってもらうという、動画を通じた「コミュニケーション」なのだと思われます。

だからこそ、メールやチャットを書く際に我々が自分で文章を作成し、編集するように、羽生選手はYouTubeの動画を作成する際に自分で編集するという選択をされているのでしょう。

Yahooニュースより一部引用

わずか3本の動画で、3週間の間にチャンネル登録者数70万人を超え、動画再生数も驚異の伸びを記録している点だけでなく、

彼の公式YouTubeチャンネルは、良い意味での手作り感があり、そしてどこか温かさを感じるものであることは、

画面上を通しても伝わってきていたのよね。

どこか感じていた温かさとは、まさに羽生結弦が見ている方々とコミュニケーションを取りたいという思いだったのだと、

徳力氏の分析でわかった、新たな視点なのよね。

公開練習SharePracticeの最後に、羽生結弦自身がもっとコミュニケーションを取りたいと言葉にしていたわよね。

これからどんな形でプロアスリートの活躍を見せてくれるのか、そのコミュニケーションの一つとして、

公式YouTubeチャンネルがあるのだけど、そこには人対人のつながりが根底にあるのだと思うだけで嬉しくなるわ!

【羽生結弦関連新書籍のご案内】

NEW!予約開始

限定表紙版なのでお早めに!

9月14日

☆TVガイド特別編集 KISS&CRY Vol.46 羽生結弦 ShareHearts号 限定表紙版

※限定表紙版の販売は、在庫がなくなり次第終了いたします。
7月19日に決意表明会見を行い、プロ転向への決意を語った羽生結弦さん。
8月にはYouTubeチャンネル「HANYU YUZURU」を開設、
8月10日には新たな試みとして「SharePractice」を公開しました。
プロスケーターとして新たな道を歩み始めた羽生さんの生の声を伝えるインタビューや、
「SharePractice」で見せたさまざまな表情・演技をリポートで伝えるほか、
ファンを熱狂させた羽生結弦さん出演アイスショー「ファンタジー・オン・アイス2022」を完全網羅した特集も。
神戸・静岡公演を中心に、幕張・名古屋公演も美麗写真で完全プレーバック!
皆さまからご好評をいただいた全10枚ピンナップで、羽生さんの美しい演技を振り返ります。

●表紙/羽生結弦
●羽生結弦 高純度Wワイドピンナップポスターグラビア10枚!
●巻頭特集/「SharePractice」撮りおろしインタビュー&密着リポート
●特集/「ファンタジー・オン・アイス2022」4都市公演完全プレーバック
●会見リポート/7.19 羽生結弦決意表明会見
●独占インタビュー/デヴィッド・ウィルソン、田中刑事
●TVオンエアスケジュール~地上波・BS・CS各局関連番組

…and more!!!

NEW!9月30日発売

☆羽生結弦 アマチュア時代 全記録

500点の写真とともに振り返る、
ひたむきにスケートと向き合い続けた努力と成長の軌跡

本書は羽生結弦選手のこれまでのスケート人生を大ボリューム約500点の報道写真と当時のニュース原稿をもとに振り返る完全保存版!
ファン必携の資料的価値の高い1冊。

9月1日発売

☆ファンタジー・オン・アイス2022 神々の饗宴 (ワールド・フィギュアスケート別冊)

3年ぶりに開催されたFaOIを総特集した特別号を刊行します。表紙は羽生結弦さんです!出演者のインタビューを満載し、さらに進化した氷上のエンターテインメントの感動と興奮をお届けします。




・2019-2020シーズン 紫のOrigin
展示期間:2022年9月8日(木)まで
※展示期間や店舗営業時間は変更となる場合がございます。
※18:30でご鑑賞を終了とさせていただきます。予めご了承ください。

・衣装ご鑑賞時のお願い
・ご鑑賞を希望されるお客様はスタッフの案内に従って整列をお願いしております。
・待機列にお並びいただいたあとの中抜けは、お断りしております。
・待機列を離脱された場合、再度最後尾からお並びいただきますので予めご了承下さい。
・出来る限り多くのお客様にご鑑賞いただくことを目的に、お一人様2分を目安としております。
・混雑状況を鑑み、早めに整列のご案内を打ち切る場合がございます。

銀座メゾンコーセーでの、紫Origin展示が9月8日(木)まで。

まだの方で、銀座にお立ち寄りの際はぜひ!

羽生結弦展最終会場となる、仙台・藤崎の入場予約が現在受付中に。

それでは皆様、どうか素敵な夜をお過ごしくださいね。

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.