スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 山本草太 羽生結弦

投稿日:

涙なしでは見れない!羽生結弦感動のプロローグ一問一答と山本草太が首位に

羽生結弦が、プロローグ横浜公演初日後に、メディア取材に応じた一問一答を一緒に見ていきましょう。

各プログラムへの思い、そして体力強化や準備してきたこと、ショーの演出についてまで詳しく語っているわよ。

グランプリシリーズフランス杯、男子ショートで山本草太がノーミスで首位発進よ!それにしてもジャッジが、、、

スポンサーリンク

涙なしでは見れない!羽生結弦感動のプロローグ一問一答と山本草太が首位に



羽生結弦、アイスショー後の一問一答

「はあ、緊張する」

―――プロ転向初のアイスショー。どういう思いで臨んだか。

「えっと、7月のプロ転向の会見をさせていただいてから、会場を含め全ての企画がスタートしました。ということで、かなり時間がない中で、大勢のスタッフの方々に頼みながら、自分の要望に応えていただきながら、つくっていただきました。まずはそれだけで感謝の気持ちでいっぱいです。

このプロローグというショーに関しては、自分の中ではこれから始まる物語に向けてのプロローグであり、凄い抽象的な話になってしまうかもしれませんが、自分がこれからまた新たに決意を胸にして、目標に向かって、夢に向かって一歩ずつ進んでいくんだということを、自分が経験してきたことだったりとか、また、皆さんに力をもらってきた事柄だったりとか。そういったものをまた改めて皆さんと共有しながら次のステップにつながるようにという思いを込めてこのショーを企画、構成しました」

――冒頭の6分間練習の演出については。

「正直、演技の配置だったりとか、順番だったりも含めて、どこに何を入れるかを考えた時に、自分としては記者会見があって、ちょっと過去に戻って、平昌オリンピックがあって、それから、また改めて今までの自分の人生を振り返って、最終的に北京のエキシビになり、今現在に至る、みたいなことをしたかったので。最初の方に平昌オリンピックの僕の代表曲でもあるSEIMEIを滑らせていただきました。6分間練習ということと、アイスショーでは考えられない全部の照明を炊いた状態でやるということも含めて自分で考えたんですけど。

正直、どういう反応をしていただけるか。また僕自身も6分間練習を試合の場ではない中でやるということで、どれくらいちゃんと集中できるかっていうことも不安で仕方なかったんですけど。実際、まだ皆さんの声をまだ聞いているわけではないですし。ただ、プロローグ最後まで1日目をやり抜いた感想としては、皆さん本当に充実した表情だったりとか、反応をいただけていたと思うので、そういった意味では、ある意味成功したんじゃないかなと思ってはいます」

――自身で振り付けしたのは「いつか終わる夢」か。

「はい。ロミオ+ジュリエットの後にやらせていただいたプログラムです。(コンセプトは)一言で表すのはちょっと難しいんですけど。まず一番最初に振り付けを、この曲に付けたいなと思ったのが、何となく自分が滑りながらこの曲を流していた時に、皆さんに好かれていたクールダウンの動きをやったときにピタッとはまったんですね。このプログラムというか、この曲に。その時に、皆さんそういえばクールダウン見たいなと言ってくださっていたなって。あれだけで十分、満たされるという声をいただいていたなということがあったので。じゃあプログラムにしようということをまず思いつきました。それから『いつか終わる夢』というタイトルも含めて、いろいろ曲を感じながら、また原作であるファイナルファンタジー10、僕めちゃめちゃ好きなんで、世代なんで。

いろんなことを考えながらつくっていく時に、なんか僕自身の夢って、もともとはオリンピック2連覇というのが夢でした。そのあとに4回転半という夢をまた改めて設定して、追い求めてきました。ある意味では、アマチュアという競技というレベルでは僕は達成することはできなかったし、ある意味ではISU公認の初めての4回転半の成功者にはもうなれませんでした。そういう意味では、終わってしまった夢かもしれません。そういう意味で、いつか終わる夢。なんか、皆さんに期待していただいているのにできない。だけど、やりたいと願う。だけど、疲れてもうやりたくないって。なんか皆さんに応援していただければいただくほど、なんか自分の気持ちがおろそかになっていって、壊れていって、何も聞きたくなくなって。でも、やっぱり皆さんの期待に応えたいみたいな。自分の心の中のジレンマみたいなものを表現したつもりです。

いつか終わる夢と、もう1つ最後の『春よ、来い』に関しては、演出をMIKIKO先生にお願いしました。初めてここまで本格的なプロジェクションマッピングを含めて演出としてやっていただいたので、また皆さんの中でフィギュアスケートのプログラムを見る目がまた変わったと思いますし。また、実際、会場で見る本当に近場の自分と同じ目線から見るスケートと、上から見えるスケートと、また、カメラを通じて見るスケートと、全く違った見え方がすると思うので、ぜひぜひそういうところも楽しんでいただきたいなと思うプログラムです」

――演技中の感情は競技会と違ったか。

「SEIMEIに関しては、完全に平昌オリンピックを思い出しながらやらせていただきました。構成としては、実際4分7秒ぐらいのものになっていて。ジャンプの本数はちょっと少なくなってますけど。あえて、プロになったからこそできる、本来だったらキックアウトかもしれないけど、プロだからこそできるトリプルアクセル3発みたいなものもやってみました。もの凄く緊張しましたし。なんですかね、試合だったら目の前にジャッジの方がいるんですけど。大勢のお客さま方が目の前の目線にいるっていうのは、正直、凄く自分の中でも試されているなって思いましたし、自分自身も試さなくてはいけないなと感じながら滑っていました。良い緊張感でした」

――ここに向けて体力強化や準備してきたことは。

「まず、体力強化は本当に大変でした。頭から全て通すっていうことを5回ほどやってきたんですけど。やっぱり普通は僕1つのプログラムに全力を尽くし切ってしまうので、その後にまた滑るってことが考えられなかったんですけど。でも、何とかここまで体力を続けることができたと自分では思っています。あとは自分が表現したい世界だとか、自分の演技と演技の間のVTRとか。そういったものにストーリー性、物語を、より皆さんに伝えやすくする作業とか、自分が意図とするものがちゃんと伝わるようにと考えながら編集したり、実際につくってくださる方に頼ったり、そういった作業が凄く大変でした。今日の朝までかかって出来上がったものなので。

もちろん、まだまだやりたいこともありますし。もっとこうできたかなと思うところもあるんですけど。自分一人ではできなかったですし、なにより自分の意志をここまで尊重していただきながら、こうやって大勢の皆さんが心を1つにして動いてくださることは、普通のアーティストとしてでもないことだと思うので。これまでのいわゆるアマチュア時代に誠心誠意、頑張ってきて良かったなと思います。また改めてこれからこういう皆さま方と頑張っていきたいという気持ちになりました」

――今後の羽生さんの物語はどのようなものになると思うか。

「正直、プロ転向の記者会見でも言ったかもしれないですけど。プロだからこその目標みたいなものって具体的に見えてないんですよね。こういうことって、ある意味、僕の人生史上初めてのことなんですよ。今までは僕、4歳のころから常にオリンピックで金メダルを取るっていう目標があった上で生活してきたので。ちょっとだから今、宙ぶらりんな感じではいます。ただ、まずは、このプロローグを毎日毎日、成功させるために努力していったこととか、

また、今日は今日で1つ1つのジャンプだったり演技だったりに集中していったこととか。そういうことがたぶん積み重なっていって、また新たな羽生結弦というステージにつながっていったり。また、それが積み重なっていくことで、新たな自分の基盤ができていったりすると思うので。今できることを目いっぱいやって、またフィギュアスケートというものの限界を超えていけるようにしたいなっていう気持ちでいます。それが、これからの僕の物語になったらいいなって思います」

――「いつか終わる夢」は「ファイナルファンタジー10」の世界観をどう表現したか。

「(ゲームを)全く分からない人に伝えるのは難しいんですけど。なんか魂とともに舞っていたり、歌っていたり、感情を表現してたり。またなんか本当に幻想的な風景の中で、水の中にいたりっていうシーンなんですけど。そういうものからもMIKIKO先生と演出を考える中で、そういうところを参考にしながらつくってきました。僕自身も、なんかある意味では皆さんの応援の思いっていうのは、本当に魂を込めて応援してくださっている方もたくさんいるんだなって思っていて。

前にノッテ・ステラータの時に、皆さんの思いみたいなものが光っていて。満天の星空みたいだったと言ったことがあるんですけど。今回のプログラムは、皆さんの応援の光が凄くすごくまぶしくて。でも、皆さんの思いとともに一緒に滑っている。けど、自分はもう見たくないとか。でも、また一緒に滑る。最終的に、皆さんの思いを集めて自分はまた滑り続けるんだみたいなものを表現したつもりです」

「ありがとうございました。またよろしくお願いします…また明日も頑張ります(笑い)。ちなみに、皆さん的に、こういうので良かったですか?(取材エリアも笑いに包まれる)ありがとうございました!」

スポニチより一部引用・出典
読売新聞より出典

一問一答、読み応えがあったわよね。

プロローグを通して伝えたいもの、それはファンと一緒に、新たな羽生結弦を創り上げていき、歴史を刻んでいくんだなと強く感じたわ。

観客席から放たれるファンの光を、彼が集めてさらに光り輝いていくイメージよ。

プロ転向してから、ショーの準備だけじゃない、地元宮城の各TV局出演、雑誌、CM撮影など、多岐に渡る忙しい日々の中で、

ワンマンでノンストップで、体力を要して、でもやりきってしまうまさに、「飛躍の原動力」って本当に凄いなと。

どうか怪我だけにはくれぐれも気をつけて、素敵なショーを紡いでいってほしいわ。

いよいよスポーツ報知で、羽生結弦の連載に先駆けて、プロローグの4ページもポスター紙面が登場に。

各メディアも羽生結弦プロローグ一色で、本当に凄い!すべて紹介しきれないぐらいよ笑

公演を録画して、後から何度でも見ることができるのが最大のメリットよね!

申込わずか30分で、スカパー加入料と、加入月(11月)は視聴料無料になるので、今がおすすめよ。

※簡単!スカパー新規申込の流れ

「手続きページへ進む」→「お申込みフォームへ進む」→「チャンネル」→「テレ朝チャンネル1&テレ朝チャンネル2」選択→MyスカパーIDを新規登録し、申込手続きへ

実際の登録にかかる時間はほんの数分。登録完了から30分後には視聴可能になるわよ!

↓CSテレ朝チャンネル2申込はこちら↓


【羽生結弦関連新書籍のご案内】

NEW!12月7日発売

☆KISS&CRY特別編集 羽生結弦―THE ONEー

プロスケーターとして、YouTubeの開設や単独アイスショーの開催など、
多岐にわたる活躍を見せている羽生結弦さん。
そんな羽生結弦さんの誕生日、12月7日に
羽生結弦さんのスペシャルブック「KISS&CRY特別編集 羽生結弦―THE ONE―(仮)」が
発売決定!
羽生結弦さんの男子シングルフィギュアスケーターとしての活躍を中心に、
単独アイスショー「プロローグ」徹底リポート(予定)など現在の姿までを
美麗なピンナップ・厚紙アルバム・シーズンリポートの形で掲載。
KISS&CRYならではのスペシャル仕様でお届けします。

●表紙/羽生結弦
●高純度Wワイドピンナップポスターグラビア10枚!
●超厚紙!シニアシーズン完全保存版アルバム
●単独アイスショー「プロローグ」徹底リポート(予定)
●羽生結弦×KISS&CRY シニアシーズンプレーバック
●最新美麗フォトポストカード付録つき

Amazon

楽天

[書籍とのメール便同梱

不可]/KISS&CRY特別

編集 羽生結弦 -THE

ONE- (仮)[本/雑誌]

【通常版】 / 東京ニュ

ース通信社

価格:3,000円
(2022/11/5 07:32時点)
感想(0件)

12月7日発売

☆【付録つき】YUZURU III 羽生結弦写真集

2014年ソチ五輪後の『YUZURU』、2018年平昌五輪後の『YUZURU II』に続くシリーズ第3弾。
付録としてA2サイズ(420mm×594mm)のポスターがつきます。

平昌五輪後の2018-2019シーズンから2022年北京五輪、「決意表明会見」「SharePractice」まで、4年間の軌跡を収録。競技写真のほかエキシビション、アイスショー、練習中の姿を網羅しています。
北京五輪で4回転アクセルに挑戦した姿をはじめ、数々の試合での感動、羽生結弦の不屈の精神がよみがえる1冊。
練習中の真剣な眼差しや競技中の自信に満ちた表情、競技後のほっとした笑顔など、さまざまな姿を収録しています。
写真は、これまでの『YUZURU』シリーズを手がけた能登直氏の写真で構成。羽生結弦と同じ仙台出身で、羽生を少年時代から追い続けるフォトグラファ―。
能登氏だけに見せる、リラックスした素顔も数々掲載。

Amazon

楽天

【付録つき】YUZURU

/III 羽生結弦写真集 [

能登 直 ]

価格:3,300円
(2022/10/25 08:35時点)
感想(0件)





【男子ショート順位表】

山本草太ショート演技動画はこちら

【プロトコル】

グランプリシリーズフランス杯、男子ショートで山本草太がノーミスで首位発進よ!

ついに覚醒した?ジャンプ、そして演技ひとつひとつに自身が溢れているじゃないの。そして最後のガッツポーズ!!

実況が最初にユヅの名前を連呼していたわね笑

それにしても、このアーティスティックな演技に、演技構成点で6点台とか付けてるアホなジャッジ、何見てんのよ!

構成で、J1の8.75となんと「2点」も差がある、何を基準にしているのか全く意味不明な採点は相変わらず。

もう言葉すら出てこないわ、、、

採点なんて抜きにして、草太がここまで強くなって帰ってきたことが何より!

それでは皆様、本日プロローグを、会場で、ライブビューイングで、お茶の間で応援しましょうね。

涙なしでは見ることができないと、マスクの替えを持参するのもお忘れなくよ。

どうか素敵な一日をお過ごしくださいまし。

皆様、今日CS視聴の後に、すぐに出かけなければ行けない私用があり、ブログを更新できないかもしれないので、

こちらのサロンコメント欄に、本日の感想を聞かせて頂ければ嬉しいです!

また友人が本日プレミア席の最前列に当選しており、会場の様子を詳しく聞いてきます。

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 山本草太, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. もんちゃん 2022年11月5日 9:08 AM

    オネエ様
    一問一答を文字に起こしてくださりありがとうございます(涙)
    会見をなさるとうかがっていましたが、自分では情報を得られなかったので凄く嬉しいです。
    今日は幸運にも抽選に当たり会場で観られる事になりました。
    試合を観る機会に恵まれなかったので、一度観て見たかったなあと,思っていたら
    最初に試合のような演出とTVで見て、私の夢叶うとウルウルしています。

    オネエ様 メンバーシップの操作方法はじめ、会場の案内図やお手洗いの場所などの,情報本当にありがとうございます。とても参考になりアナログな私はオネエ様のブログを頼りにしてました。
    マスクも2,3枚、ハンカチも2.3枚もって
    行ってまいります。

  2. ちぴ 2022年11月5日 9:17 AM

    オネエさま

    おはようございます。
    今、ホテルでプロローグのプログラムをニヤニヤしながら読んでいます。
    かなり内容が充実していて、今回のショーに対するこだわりについて沢山書かれていますので、これを読んでからあらためてショーを見ると、また新たな発見が沢山あると思います。また、他にも羽生情報が盛り沢山ですし、個人的にはグレーのジャケットを着たショットが眼福で、これだけでもプログラム代の元が取れますw 買って損はありません。

    昨夜は横のベッドで寝ている母の寝言がうるさすぎて眠れなかったので、眠るのはあきらめて暗闇の中でフランス大会見ました。(母は眠りながら「えへへへへ」と大声でニヤニヤ笑ったかと思えば急にワーワー泣き出したり、どういう夢見てるの?というかどういう情緒してるねん…と思いましたが、これもナマ羽生を見た影響なのでしょうか…)

    草太君、冒頭の4-3すごく良かったですよね。単独4回転と3Aは着氷がやや乱れましたが、でも今までならここで転倒していたイメージですが、きちんと着氷をコントロールしたところに今季の好調ぶりがうかがえます。あと、見た目とか佇まいが大人っぽくなったようにも見えました。「社会人の大人の男感」というか、上手く言い表せませんが…なんか今季の草太君は一味違う気がします。

    それだけに…ジャッジ、どういうつもりなんだ。あれの何が6点台なのか、こっちが納得いく説明を1000文字用紙5枚でレポート提出してもらおうか? って感じです。 7点台前半つけているジャッジにだって納得いっていないのに。
    6点てオイ(-ω-)

  3. れみ 2022年11月5日 9:25 AM

    オネエ様
    初めてお邪魔致します。
    毎日楽しみに拝見させていただいてます。

    昨日のプロローグ初日、行って参りました。
    会場周辺はフォトスポットもほぼなくて、事務的な掲示ばかりであっさりしている感じでしたが、それとは真逆にショーの中身が濃い!!本当に濃かったです!!
    一度はこの目で見たいと思っていたプログラムを次々見せていただいた喜びで、一夜明けた今日もまだヘロヘロです。
    「いつか終わる夢」からはこらえ切れず号泣。周りの方からも鼻をすすられる音が多数聞こえ、皆さん同じ思いなのだと感じて更に号泣。化粧ダダ崩れでした。
    このショーを今までのアイスショーと同じ位のお値段で見られるなんて夢のようですです。
    私は初遠征で神戸から泊まりで参りましたが、本当にお値段以上でした(S席)。
    八戸を迷っていらっしゃる方がいらっしゃったら是非ともチケット争奪戦参戦おすすめしたいです!

  4. 芽衣 2022年11月5日 11:31 AM

    オネェサマ☆
    こんにちはo(^-^)o
    やっと今日が来ました
    今11:27分
    後20分したら我が家から出ます
    東横線1本なので近いです
    行ってきまぁ~す♪

  5. 咲希 2022年11月5日 5:09 PM

    おネエ様こんばんは
    ライビュ行って来ました。
    仙台のTOHOシネマズは3スクリーン全て完売してました。
    ファンタジーオンアイスはどの会場も1スクリーンだけだったので、改めてすごい人数が見に来たんだなあとびっくりしました。
    90分があっという間で、プロジェクションマッピングも、今までの振り返り映像も会場参加の演目も、全てが美しくて、フィギュアスケートって総合芸術なんだと改めて実感しました。これをライビュとはいえ、4000円で観られるのはお得だと思います。
    羽生選手はもちろん、ギリギリまで色々な調整や準備をしてくださった方々に心からの感謝を捧げたいです。
    現地観賞は仕事と日程上難しいので、八戸公演のライビュがあれば、次は親も連れて見に行こうと思います。

  6. ドラゴンバアさん 2022年11月5日 7:04 PM

    オネエさま

    CSでプロローグ鑑賞、涙されたでしょうか。
    昨夜ブログ記事と皆様のレポ読み、メディアの写真見て期待と興奮で
    眠れず、そのままフランス杯突入。草太〜!良かった〜!6点って!?
    寝坊して朝チェックしたら川崎の2館ライビュ空きがあり、急遽当日券。
    満員の客席見ただけで込み上げるものが。SEIMEI見ては、震災の映像
    見ては、ロミジュリ見ては、跳べ!聞いては涙を堪えてましたが、僕は
    幸せですに決壊、泣。僅かな時間でこんなに素晴らしい物を創って見せ
    くださって、ファンの気持ちに寄り添ってくださって…。私達はなんて
    素敵な人を応援していられるのでしょう。帰宅後無事に録画出来てたの
    を確認。後でゆっくり見返します。1人なら心置き無く泣くし。
    八戸〜!待ってろよ〜!

  7. まおちー 2022年11月5日 7:06 PM

    会いに行って参りました
    初っぱなの6分間練習からフィギュアに対する羽生君の思いが溢れていて涙が自然と出ました
    セルフコレオのプログラムは羽生君もプロジェクションマッピングではないだろうかと感じてしまうくらいこの世のものとは思えない美しさでした
    途中、心の叫びみたいな文字がバラバラ出てきてまた泣けました
    もう結果的に最後まで泣いていたということです
    マスクの存在が有り難かったですね
    強行遠征でしたが、本当に行ってよかったと余韻に浸りつつ今帰りの新幹線乗っています
    こんな凄い宝物を疎かにしてしまったスケ連とISUはうーんと後悔するがよい!
    羽生君にはもっと自由にもっと幸せになって欲しいと心の底から祈って止みません

  8. ポーラ 2022年11月5日 8:10 PM

    私も今日はライビュを見て来ました。昨日はなかった「花になれ」も見れましたね!1つ気になった事がありまして。映画館でバングルを点灯し、顔近くまで上げてふりふりされてる方がいらして。私の位置からはスクリーンを見るのに光って邪魔でした。ライビュは2度目なのでマナーがどうなっているのかわからないのですが……あれは、会場で使うものという認識で私はいたのですけど。

    • ドラゴンバアさん 2022年11月5日 9:16 PM

      ポーラ様

      私が行ったライビュ会場でも、2つ隣の方が途中でスマホ付けて
      明かりが気になりました。その後バングル点灯させてたので、バッグ
      からバングル出すのにスマホ使ったようです。胸の辺りにもっていら
      したけれど、気を散らされてなんだかな〜と残念な気持ちになり
      ました。

      • さんふらんすし子リターンズ 2022年11月5日 10:27 PM

        あらあら、そんな迷惑行為は困るわね、ほんと。人の楽しみを邪魔するなんてヤだわぁー、ほんと。
        あたしはショーに行った時、拍手が
        ①いつまでもダラダラ長い、
        ②空気を含んだ音で激しくでかい人はホント迷惑。
        音楽も聞こえやしないし、ただの雑音でしかないわ。自分のことしか考えてなくて周りが見えない人はホント勘弁よ。

  9. ポーラ 2022年11月6日 7:20 AM

    ドラゴンバアさん様

    何処の映画館でもあったかも知れませんね。バナーならぬプロローグタオルもふりふりされてて、笑。今回、相当数の申込があった為か観戦することに不慣れな方が多いのかも知れないですね。応援する気持ち、深い愛は感じますし気持ちも解るんですけど。何かが違う気がしますよね。

    さんふらんすし子リターンズ様

    私も拍手の音が甲高い人がすご~~く長くいつまでも拍手してるの、気になるタイプです、笑。物販にもあまり興味なくて羽生君のスケートだけが見たいタイプです。

    同じ気持ちの方がいらして安心しました。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.