ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

高山真の『羽生結弦は捧げていく』を読んでみようと思う

ひとつの大会が終わると、
ポカンと心に穴が開いたような気持ちに

なるのは何か切ないわね。
やっぱりリンクでの選手たちの鼓動を
追い求めてしまうわ、、、

来月の世界選手権を前にして、

もう一度羽生結弦の今までの
軌跡をきちんと

再確認しておきたいなあって。

気持ちを整理して高めていくためには
必要なことよ笑

ちょうど2月15日に集英社から発売の

高山真さん著の

「羽生結弦は捧げていく」

を読んでおきたいと思ったのよ。




高山真はフィギュア愛に溢れている

わたし普段、本なんぞは
ましては人が書いたフィギュアスケートの
評論なんてもんは、

あまり読まないようにしているのね。

自分の感性って大事にしたいじゃない。
フィギュアスケートのような
繊細なスポーツは特にそう。

人から押し付けられるのではなくて、
自分の気持ちに素直で感じて、
感動したいから。

でもね、この高山真さん
というエッセイストは

すべてのスケーターを
心からリスペクトしている

観点をお持ちなのよ。

そこに共感できるのよ。

そして羽生結弦の演技を「美しい」

だけで片づけるのではなく、具体的に
どの部分がどう素晴らしいのかを、

38年ものフィギュアマニア(すごい!)の知識に基づき、

彼のフィギュア愛に
溢れる感性が滲み出る文面は、

読んでいるとまるで自分が
あの時、あのリンクに

タイムスリップできるようかの臨場感を味わうことが
出来るのよ!

褒めすぎかしら!?笑

以前に発売された「羽生結弦は助走しない」
では自身の発売日よりも

平昌の羽生結弦の動向ばかりが
夢中になってしまったという

エピソードは筋金入りの
フィギュアマニアじゃない笑

「羽生結弦は捧げていく」

フィギュアスケート・男子シングルでは66年ぶりの五輪連覇。「メダリストは翌年には引退や休養を選ぶ」ことが多いフィギュア界において、羽生結弦は現役選手として競技を続けることを選んだ。記録、記憶、名誉、称賛……すべての中心にいた絶対王者は、ケガと闘いながらも、より高度な技術と表現を磨き、さらなる進化を遂げている。前著『羽生結弦は助走をしない』に続き、五輪後から垣間見える新たな羽生の変化と挑戦を詳細に分析。ルール改正や今後の活躍が期待されるスケーターたちにも言及し、前例のない道を猛然と走り続ける羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす! 【目次】まえがき/用語解説/第1章 平昌オリンピックで羽生結弦が見せてくれたもの/第2章 2018~19年シーズンで羽生結弦が見せてくれるもの/第3章 私が愛する選手たち/あとがきにかえて――デニス・テンへ。そして皆様へ

高山さんから見た羽生結弦の
変化と挑戦の分析が
気になるわ笑

ネットやTVを見ても、
やれ世界最高更新だ、
ふたりの対決はこうだ

とかくだらない情報ばかりの中で、
心を静めてこうして

フィギュアスケートを
見る目を持つ

方の本に集中してみるのが
今のあたしには良さそうよ。

-フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.