ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央

投稿日:

衝撃の転倒も浅田真央が最後まで諦めずに見せた奇跡とは?vol.8

皆様、浅田真央ヒストリーも
早いもので第8弾。

今日は彼女のヒストリーの中でも
特別な思い入れのある、

イエーテボリで行われた、

2008年世界フィギュアフリー

のお話をさせて頂きたいのよ。

あたしが浅田真央を語る上でも、
絶対に外せないのよ、

どうぞ心して聞いて頂戴!笑




衝撃の瞬間に言葉を失ってしまった、冒頭のトリプルアクセル

2008年世界フィギュアフリー。
ショート2位で折り返した彼女は、

シーズン最後にして、
最高の状態に仕上げてきていた、

そんな印象だったのよね。

ちなみにこの時のショート1位はコス姐(コストナー)。

前回の記事でもお話した、

浅田真央には勝たせないぞ!ルールが敷かれた運命の年 vol.7

3A、3F-3T、3F-3Lo

2回の3-3コンビネーションを組み込んだ、
まさに鬼プロで挑んできたのよね。

固唾を飲んで見守った最初のトリプルアクセル。

!!!

踏切の左足を取られ、
スライディングするように転倒してしまったのよ。

あたしあまりに一瞬の衝撃の出来事に
言葉を失ってしまったの。

トリプルアクセルの助走で
トップスピードそのままにリンクの上に

叩きつけられるような転倒よ。
左足付け根部分からは血が滲んで、

普通ならそのままうずくまって、
演技を中断せざるを得ない状況よ。

でもね、その直後にすぐ

「真央、演技を続けるのよ!立ち上がりなさい!」

ってTVに向かって、
無我夢中で叫んだの今でも覚えてるわ。

彼女がシーズン通して、
懸命に努力してきた姿をずっと見てきたから、

ここで絶対に終わってほしくなかったの。

「いかなきゃと思った。動揺はなかった」そこに真央の不屈の強さを見たわ!

「いかなきゃと思った。動揺はなかった」

彼女はすぐに立ち上がり、
3F-3Tのコンビネーションを決めたのよ!

でもね、彼女とても冷静に見えたの。
昨シーズンのチャルダッシュの頃とは、

一回りも二回りも大人に成長していてね。

そこから次々とジャンプ、スパイラル、
ステップ、スピンと決めていくのよね。

後半の3F-3Loもお見事!

ノーミス。

皆様、これがオネエ杯を制した女王のスパイラルよ!
とくとご覧あれ~~~!

最初の転倒で足を負傷したはずなのに、
どうしてここまで美しいスパイラルポジションで

魅せることができるのよ!?

最後はダブルアクセルから急停止!でなく、
スピンからのフィニッシュに構成を変更してきたのよね。

「幻想即興曲」

まさに曲のタイトルのような演技で、
どうしてあの転倒から最後まで滑り切ることができるのか?

あたしは現実を見ているのか?
もしくはこれは幻なのか?

いや、これは現実だったのよ!

浅田真央というアスリートの決して最後まで諦めない不屈の精神が生んだ、奇跡にして現実のフリー演技だったのよ!

キスクラでの真央驚きのポカンの表情が今でも忘れられないわ

真央、実はこの大会の一カ月前に
アルトニアンコーチとの師弟関係を解消していてね、

コーチ不在で臨んだ大会だったのよ。

それだけじゃないのよ。

2月下旬の練習中、ジャンプをした瞬間に左足首をねんざ。「ぼきっと音がした」。激痛が走る患部の治癒を優先させ、約1週間のジャンプ練習の中止を強いられた。

コーチがいなくて不安だっただろうに、
足の負傷で痛かっただろうに、

彼女はそんな事を一切感じさせない笑顔で
あたしたちに手を振っていたのよ。

なんて芯の強いアスリートなんだろうって。

コストナー、キムヨナはすでに演技を
終えていて、

得点が表示され、順位1位を見た真央の

「ポカン」

とした表情が今でも忘れられないわ!

あたしここ何十回リピートしたか、
わかんないぐらいよ笑

2008年春、彼女は名実共に

世界女王になったのよ!

最後まで諦めない気持ち。
負傷していた彼女は「気持ち」で滑っていたと思うの。

そんな彼女の強い気持ち=奇跡となって、
今もあたしの心にキラキラと輝いているのよ。

つづく、、、


 

最後までお読み頂き、
ありがとうございます。

↓↓↓


フィギュアスケートランキング

↑↑↑

共感して頂けることがあればぜひ
ブログランキングバナーをポチっと
お願いします。

また皆様からの様々なご意見も
オネエサロンでお待ちしております!

-フィギュアスケート, 浅田真央

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.