ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

弱音ってやめてくれる?限界苦悩はマスコミや週刊誌が原因でしょう

ウーマンバイセルフという週刊誌って何様!?

言葉のひとつひとつに印象操作のようなものが

込められていて、一見お涙頂戴みたいな的な記事に仕立て上げているんだけど、

あたしが読んだ感想、

だから、何よ!?




羽生結弦がまるで弱音を吐いてもう限界まで来ていると思わせんばかりの記事

「トロントで外食はしません。仙台でも外食はしないですね。外に出たくないんです……」

【写真】ロシア杯での羽生は、松葉杖をついて表彰台へ

羽生結弦(24)の発言が、ファンのどよめきを呼んでいる――。6月12日、埼玉県内でトークショーを行った羽生。松岡修造(51)もインタビュアーとして登壇し、羽生の “弱音”が明かされたのだ。

羽生といえば、これまでつねに強気でポジティブな発言を続けていた。ところが昨シーズンは苦難の連続。18年11月に行われたロシア杯では公式練習中に転倒し、右足を負傷。そして今年3月の世界選手権ではネイサン・チェン(20)に優勝を譲り、「負けは死も同然」と重い一言を残していた。

そんな羽生は今回のトークショーでも、絶対王者の“限界苦悩”をうかがわせていた。トーク中、羽生は冒頭の「外に出たくない」理由として次のように語っている。

「無駄なエネルギーを使いたくないんです。外にいると『羽生結弦』でいなきゃいけないから。ご飯も、テレビ見ながら足を伸ばして食べるのがいい。外食は嫌いです。ツラいですね……」

外出するとどうしても人前で“絶対王者・羽生結弦”を意識せざるをえず、気が休まらない。食事時くらいは素の自分で過ごしたい……。羽生の言葉には、これまで見せなかった“普通の24歳”の苦しみがあふれていた。

さらに羽生は、どんなときでも限界まで頑張ってしまう自分についてもこう続けた。

「自分はほかの人よりもエネルギーを出し過ぎるみたいで……。人が80%でやるところを、自分はおそらく150%ぐらい出していると思います。だからみんなの流れでやっていると、僕1人だけ疲れてしまうんです……」

トークショーと同時期に出演していたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」でも、羽生は全力投球で臨んだ。しかし、大きな負担がかかっていたという。

「今度のファンタジー・オン・アイスも全力でやっています。(練習以外は)寝てますね。(エネルギーを出し過ぎて)ご飯も食べられなくなる。胃がやられちゃうんです。観ている方の期待に応えたいし、自分の期待にも応えたい……。羽生結弦はこうでなきゃいけない、という使命感があるんです」

長年、彼をそばで見てきたスポーツライターの野口美惠さんは、今回、本人が明かした心境についてこう話した。

「羽生くんは、勝利のためにすべてのエネルギーを費やしている選手です。普段の練習でも、まるで練習とは思えないような集中力で臨んでいます。途中でお友達としゃべったり、愚痴をこぼしたりすることはありません。集中して最も効率の良い、内容の充実した練習をしているのです。だからこそ、練習が終わったときは、他の選手よりもずっと疲れている気がします。そのモチベーションの高さは、いつも本当に感心させられるほどです。オーサーコーチも『ユヅルは持ち得るすべてのエネルギーを練習に注ぎ込み、使い切っている』と話していました。つまりそれだけ、手を抜いて練習することはないということです」

これまで周囲の期待に応えようとして、極限まで自分を追い込んできた羽生。だが彼にとっての大事な“支え”もまた、他ならぬファンのようだ。野口さんは、羽生の挫けぬ強さの源についてこう語る。

「羽生くんはファンのため、家族のために現役時代のすべての人生を捧げていると私は思います。もしかしたら彼がゆっくり休んで自分の時間を過ごせるのは引退後なのかもしれません。けれど彼にとっては、ファンの笑顔が次の試合へのパワーになっているんです。だからいまは彼の演技で感動することそのものが、彼への恩返しになるのかなと思います

羽生自身も、今回のトークショーで駆け付けたファンに温かいメッセージを残している。

「ファンの方々にも迷惑をかけっぱなしですが、僕はいつもファンの皆さんに力をもらっています。皆さんが僕のことを守ってくれていると感じるんです。だから僕も頑張ります」

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190626-00010005-jisin-ent

あたし個人の感想ね。

赤字にしたところ、全部ウソ、ただのクソ記事だわ。

実際のトークショー、こんな感じでした!?

まずさ、限界苦悩とか弱音とかネガティブな言葉ばかり出して一体何がしたいわけ?

おまけに差し込む写真は松葉杖の写真。

もう満身創痍で、限界お手上げっていう印象付けをしたいんでしょう。

元々羽生結弦は外食好きでないと若い頃からインタビューでも答えているし、食にあまり興味がなかったはずよ。

それにあんたたち週刊誌やらマスコミがつねに張り付いて、お母さまとのお写真だの

盗撮まがいなことしてるから苦悩に感じてるんじゃないの?

それでも彼は文句ひとつ言わないけれどね。

あたしが代わりに言うわよ。

弱音なんかじゃなくて、ただあんたらが迷惑なだけよ!

あんたさ、ネイサンに優勝を「譲る」?

譲ろうなんて気持ち、これっぽっちもないと思うわよ。

彼はどんなジャッジの評価を受けようとも正々堂々と勝負に挑んだ。

ショートのミスもあり、その結果、惜しくも2位になってしまった。

ただそれだけのことでしょ。

あんたフィギュアスケート競技って譲り合いのスポーツじゃないのよ!?

大きな負担ていうけどさ、それも楽屋やバックヤードまで記事にしようとするあんたらがいるから、

気が休まらないんでしょうが。

野口美恵ってライターは何で感動の押し付けをするの!?

「だからいまは彼の演技で感動することそのものが、彼への恩返しになるのかなと思います」

あたしね、すごくこの言葉に違和感があってね、

演技で感動することって人それぞれじゃない。

なんでそれを恩返しと捉えて、感動を強要するわけ!?

あたしが素直な人間じゃないのかしら?

たとえばさ、100人中、99人がうわー感動した!って演技があったとするじゃない。

それでも最後の1人は何も感じない。

でもそれは決して間違っていることじゃないと思うのよね。

だってフィギュアスケートって演者の見せる演技をどう捉えるかは人それぞれの感性によって違うじゃない。

だからいろいろな意見があって当然だわ。

羽生結弦が言葉でなく、演技で自分の伝えたいことを感じてもらいたい、

いろいろな人たちの価値観に寄り添い、尊重したうえで、どんな価値観でも美しいと感じる表現を!

とトークショーで言っていたのでしょう。

羽生結弦はフィギュアスケートの本質をよくわかっていると思う。

修造さんのお顔がシュールすぎよ!

そして演じる側だけでなく、見る側としての観点もきちんと持ち合わせているからこその発言だと思うのよ。

彼の演技をみて感動する方もいれば、あれ、これは違うんじゃない!?っていう感想を持ってもいいはず。

それをひとくくりに感動することが恩返しという押し付けはよくないんじゃない?

秋によせての衣装を胸元の部分を「男の色気」とそぐわない発言をしたり、

昨シーズンのロステレコムの練習で4Loが成功していたのに成功していなかったとか発言するオンナに

感動の押し付けされたくないわね、あたしは。

いつまでこんな記事が続くのかしらね?

ぜひ共感頂けることがあれば最後にブログランキングのバナーをポチお願いよ!




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.