ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 浅田真央 羽生結弦

投稿日:

意外!フィギュアの登竜門である野辺山合宿で得たものとは?

羽生結弦、浅田真央、

日本を代表するトップスケーター達が必ずと言っていいほど通る、

フィギュアの登竜門、通称「野辺山合宿」を皆様ご存知かしら!?

全国有望新人発掘合宿と題するだけあり、

この合宿をきっかけにどんどん世界へ羽ばたいていくスケーターが出てくるぐらいなのよ。

今日はそんな「野辺山合宿」について掘り下げて見ていきましょうよ。




野辺山合宿はどういうきっかけで始まったの!?

皆様アルベールベルでの伊藤みどりの演技はもちろんご覧になられたわよね。

最後の最後で決めたトリプルアクセルの美しくも高い放物線は忘れることができないわ。

この時の日本女子フィギュア界は伊藤みどり一人に全プレッシャーがのしかかっていて、

みどり本人もショートから「らしからぬジャンプミス」を連発してしまったという、

日本の層の薄さを露呈する国際大会でもあったのよね。

☆合わせて読みたい記事はこちらよ。

規格外!伝説のトリプルアクセル 伊藤みどり 

そこで第二の伊藤みどりを複数名育てよう!

ひとりだけでなく、何名もの選手が同時にメダルを狙えるようなそんな層の厚い日本フィギュアにしていこう!

そんなスローガンをモットーに、

1992年の夏、長野県南牧村の野辺山高原に日本全国から8歳から12歳までの有望小学生スケーターが集められたのよね。

記念すべき第一期生には荒川静香もいたのよね!本田武史もそうよね。

そこから安藤美姫、村主章枝など、どんどん日本の層が厚くなっていったのよね。

トリノへと続いていくのよね、なんだか懐かしいわ。

野辺山合宿の内容とは!?

合宿中は氷上、陸上でトレーニングや、リズムと表現の練習が行なわれる。また、反復横跳びや長座体前屈、垂直跳び、50m走などの体力測定を受けるほか、ジャンプのエレメンツ発表や演技会なども行なわれ、総合的な判断で選手の将来性を見るという。その結果により、有望選手はシード選手に選出される。シード選手は全日本ノービス選手権のシード権を与えられるほか、海外での試合に派遣されるなど国際経験を積めるようになる。

その名の通り、有望な新人発掘をするのがスケート連盟の一番の狙いではあるでしょうけれども、

まだ幼いスケーター達が一堂に会して、共に時間を過ごし練習する機会ってなかなかないと思うのよね。

日本全国にはまだまだこんな強い選手がいるんだ!っていう自分の視野を広め、外の世界に目を向ける良いきっかけになるはずなのよね。

例えば自分が跳べない種類のジャンプを隣でバンバン跳ばれたら、あたしなら子供心ながらに

コンチクショー!って火が付くわね笑

そこからじゃあ今度は世界へ!ってどんどん上には上がいることを知っていくことはとても大事なことよ!

だから子供たちの好奇心や向上心を高める意味でもこの野辺山合宿の存在意義は大きいんじゃないかしら。

野辺山合宿で学んだのは意外なものだった!?

元々この野辺山合宿に参加できるだけでもそれなりに有望なスケーターが集まっているわけだから、

さぞかし別次元の合宿が行われているんじゃって思ったら、

「話し合ったり、ケンカしたり仲直りしたり。スケートだけではなくて、普段の生活でも起こり得ることが合宿中に出てくるので、そこでどう対処すべきなのかなど、必要なことを学ばせてくれる場だったかな、と思います。

他の選手が新しく習得したジャンプを跳んでいることを知って、『やばい、跳ばなきゃ』と思ってホームリンクに帰ってからしっかり練習する。一つのモチベーションになっていたことは確かですね。

あとは、今でもそのときに出会った仲間と付き合いがあることです。試合だけではそうはならないと思います。合宿で何日間か一緒に過ごして、その子がどういう子かを知って仲良くなって、また試合で会って。大きくなってインターハイやインカレ、全日本で会ってまた仲良くなって。そうやって友達づきあいを学びました。

こう語ったのは小塚崇彦。

あたし彼を記事に取り上げるの「おだまり小塚崇彦!」以来だわ笑

とても良い事を話しているので、ここは注目したいところよ。

フィギュアスケーターである前に、一人の人間としてこれから成長していく中で必要な、

友達付き合い、生活の中で何かあった時の様々な対処方法を学ぶ、人生道場の登竜門なんだって、

そう聞いて、あたしはちょっと安心したのよ。

フィギュアだけ長けていればいいってことでは決してないからね。大人に成長していく中で、

様々な出来事があるでしょ。そんな時にフィギュアができるからアタシはいいじゃない!っていう

変な考えを持つスケーターはあたしが見てきた限り、日本にはいないわよ!

そういう意味でも野辺山合宿って良いものよね。なんといっても同じ志を目指している「仲間」ができるんだもの。

仲間を想う気持ち、フィギュアスケートは個人種目だけどね、皆、コーチ、家族、仲間、ファンに支えられて、

育っていくわけじゃない。

こうして人間としての人とのつながりを一番大切にすることは今後の人間形成において大事なこと!

小塚氏はこうも言ってるわ。

「野辺山合宿を経験することで成長する選手もいれば、ちょっと図に乗っちゃってつぶれてしまう選手もいる。人それぞれ性格が違うので一概に言えないと思いますが」

ここ重要なことだと思うのよね。

元々が選抜されてきた有望なスケーター達だから、参加できること自体すごいじゃない。

でもそこで、良い成績を収めたことにあぐらをかいているとすぐに足元をすくわれちゃうよってことでしょ。

だって、余裕ぶっこいている間にも他のスケーター、そして世界には多くのスケーター達がリンクで、

汗水垂らして練習に必死に励んでいるんだもの。

活かすもダメにするのも自分次第。「パワーハウス」と言われる所以はここにあるんじゃないかしら。

プラスのパワーにもマイナスのパワーにも動くことがあるんだもの。

↓期間限定ユヅハビバージョンもクリックして頂戴ね↓


人気ブログランキング




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!ブログ村もよろしくよ!励みになります!

-フィギュアスケート, 浅田真央, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.