ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

ネイサンチェン フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

羽生結弦かチェンか?今季の男子フィギュアはどちらが勝つ!?

女子は今季ジュニアから上がってくるエテリガールズを中心に、

大幅な上位陣の変動が予想されているわよね。

では男子はどうかしらね?、

羽生結弦、ネイサン・チェンを中心に動いていくのかしら?

さあ、一緒に見ていきましょう。




GOE採点のガイドラインを明確にしてほしいわ!

男子は相変わらず上位層の壁が厚く、大きな変動はなさそうよね。

羽生結弦、ネイサン・チェンは間違いなく、グランプリシリーズを2勝で勝ち上がってくるでしょうね。

あたしが気になっているのは昨季の世界フィギュアのプロトコルなのよ。

技術点で羽生結弦の4S(4回転サルコウ)がアンダーローテーションになっている部分。

ここをもしきっちり回りきっていれば、基礎点だけを見ると、

ネイサンは94.39点、羽生結弦は90.83点とその差は3.56点

ジャンプの種類でより基礎点の高いネイサンが4Lz(ルッツ)、4F(フリップ)を入れてきているわよね。

現在のプログラムを共にノーミスで演じきった場合、

演技構成点の優位性をもってしても羽生結弦はネイサンに届かない

という声もあったけど、本当にそうかしら!? あたしはそうは思わないのよね。

ジャッジの判定で、

最初のルッツジャンプの加点が4.76点のほぼ満点て高すぎない!?

1.高さおよび距離が非常に良い(ジャンプ・コンボおよびシークェンスでは全ジャンプ)

2.踏切および着氷が良い

3.開始から終了まで無駄な力が全く無い(ジャンプ・コンボではリズムを含む)

4.ジャンプの前にステップ,予想外または創造的な入り方

5.踏切から着氷までの身体の姿勢が非常に良い

6.要素が音楽に合っている

※+ 4 および+ 5 には,各要素の項目で太字で強調表示されている最初の3つの項目が満たされていなければならない

このジャンプの採点ガイドラインも曖昧よね。

だったら、GOEを「+6」までにして、ひとつひとつの項目を満たすごとに加点をしていったほうがまだマシよ。

ついでにいうと要素が音楽に合ってるってジャッジの「価値観」をここで統一できるものなの!?笑

ネイサンのルッツは高さもあり、美しかったわ。

でもISUが定めるルールとやらを見ると、最初の3項目が加点満点の絶対条件の基本であり、

その上4~6の項目が入ると、高くなっていくっていうことでしょう。

このジャンプに「ジャンプの前にステップ,予想外または創造的な入り方」ってあったの?

 

次のフリップはかなり前傾の着地でこらえる形で着氷しているわよね。

これに対して加点「+3」付けてるジャッジいるけど?

ISUが定めた6つの項目のどれに当てはまってるか聞きたいわよ。

ネイサンはジャンプに対して助走を長くとり、でも高さと幅のある綺麗なジャンプを跳ぶわよね。

じゃあ前後の予想外な創造的な部分はどうかというと、満点ではないんじゃない?

だからあたし、決して羽生結弦が技術点で劣っているとは決して思わないわ。

最初の4Lo(ループ)の加点に「+1」~「+5」までを付けるジャッジの判定ラインの統一性の無さ!

ジャッジの判定のガイドラインが崩壊してるから、見ている側は納得しないのよね。

この世界フィギュアはネイサンの優勝にはもちろん納得しているけれども、

じゃあ、結果的に点差が20点も開いたのか?って言えば疑問だわ。

今季はこのまま負けっぱなしのユヅなわけはないから、ジャンプ構成を上げてくる可能性はあるわね。

そして加点が曖昧な分、やはり客観的に見た時にジャンプのプログラム構成での勝負になってきそうね。

演技構成点はもはや意味をなさないからね。

怪我に留意しながらも、羽生結弦の今季王座奪還を強く期待したいわ!

それにしてもネイサンてあれだけ4回転跳んで、大きな怪我って今までにあるのかしら?

☆合わせて読みたい記事はこちらよ。

公正なジャッジはないわ!演技構成点の差はなぜ起きるの?

2強に続くのは一体!?

鳳蘭が何故キスクラにいるの!?キスクラが宝塚!笑

羽生結弦とネイサン・チェンの2強。

このふたりに続くヴィンセント・ジョウは、

今季回転不足緩和のルール改正が追い風になりそうだわ。

そして昨季、世界フィギュアで表彰台を逃した宇野昌磨はコーチ不在のまま、

どう巻き返しを図ってくるのか?

ボーヤン・ジン、そしてミハエル・コリヤダも調子を上げてくれば、上位に迫る底力のある選手だし、

イタリアのマッテオ・リッツォも万を期して、飛躍したいところよね。

上位陣は大きな変動がない分、

今季は北京につながる勝つ為のプログラム構成を、各々どうしていくのか見えてくるシーズンになるんじゃないかしら。




お読みいただきありがとうございます!
共感して頂けることがあれば、ぜひ2つのブログランキングバナーを
↓↓↓

人気ブログランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
↑↑↑
ポチっと押してくださいね!励みになります!

-ネイサンチェン, フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.