ポチッとしていただくと順位が上がるわよ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート ボーヤン・ジン

投稿日:

ジャッジの正しい眼はどこへ?男子ショートロンバルディア杯

皆様、いよいよ今晩!

羽生結弦のフリー「Origin」が見れるのよ!

世界フィギュアのあの興奮と感動から、また見れる時が来るなんて感慨深いわよね。

さあ、オータムクラシック観戦も気合入れていきましょうね。

その前に!イタリアで行われたロンバルディア杯男子ショートの結果を見ていきましょ!




ボーヤンが100点越えで会心のスタート!

ボーヤン・ジン(中国)ショート1位 101.09点

ショート得点:101.09点(TES60.44/PCS40.65)

演技使用曲:First Light

ジャンプ構成:4Lz-3T/4T/3A

ボーヤン、ショート見事に100点を超えてきたわね。

最初の4ルッツジャンプ、高さが凄いわ!

続く、4トーループ、3アクセルも危なげなく決めて、

ボーヤンらしさが戻ってきたのが嬉しかったわ!

でもいつからジャンプのボーヤンから、こんなにも情感ある演技をするようになったのかしら?

今季の「First Light」は失恋の歌なのよね。

でも暗い悲しい曲ではなくて、切ないボーカルに乗せながらも、

タイトルにもある光を演じているように見えたのよね。

最後のステップが圧巻で、空中に跳んで足を蹴り上げるところが印象的だったわ!

すごくドラマティックで壮大な曲のエンディングに向けて、

このキックは、何か現状を打破して新しいところに向かって進む強い意志のようなものをボーヤンが重ね合わせているようにあたしは感じたわ!

皆様にはどう映ったかしら!?

【ボーヤンショート動画よ】

【男子ショートの順位表よ】

他の選手のレポはまた後日やるわよ!

☆シェルバコワ、ショートの記事はこちらよ。

速報!まさかのシェルバコワが?ロンバルディア杯女子ショート結果

ジャッジによる点差のバラつきが目立つロンバルディア杯

プロトコルを見ると、コンビネーションジャンプひとつを見ても、

GOEが加点「+1」~「+5」とバラバラね。

ジャッジがこうも判断の点差があるというのはどうかと思うけど!?

そしてジャッジJ2とJ4を縦のラインで見比べてほしいのよ。

J2のジャッジは「Transitions(繋ぎ)」と「Composition(構成)」で、6点台を2つも付けている。その一方で、9点台を付けるジャッジも。

これは見ているものもそうだけど、

選手達はどこを目指せばいいの?

ねえ、演技構成点のジャッジ基準て一体どこにあるの!?

いまオータムで盛り上がっているけれども、こうした部分てメディアは一切クローズアップしないのよね。

疑問すら呈しない。

ジャンプが話題になればそれでいいんだもの。

そして案の定、また羽生結弦をどうしても打倒ネイサン・チェンにしたいおブスな週刊誌も出てきている。

もう取り上げるのもバカらしくて、今は大会中だからスルーさせて頂くけど、

もっと「フィギュアスケートの本質」を知るべきよ。

選手は皆、自分自身、己に勝つために日々精進しているのよ。今日の自分を超えたいってね。

では皆様、一旦ロシアへ行って参ります。

また夜中にカナダでお逢いしましょうね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひオータム仕様のブログランキングをポチって下さいね。




【オータム必勝祈願】

羽生結弦と紀平梨花のブログランキングバナー、

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!


フィギュアスケートランキング

紀平梨花バナーはこちらよ!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, ボーヤン・ジン

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.