スポンサーリンク

スポンサーリンク

アンナ・シェルバコワ フィギュアスケート 宮原知子

投稿日:

大変よ!フィギュア中国杯女子フリー結果とまさかの種明かし!

皆様、おはようございます!

グランプリシリーズ資生堂中国杯、女子フリーが終わったわね。

シリーズ2勝を早々とあげた、ロシアのアンナ・シェルバコワがグランプリファイナル一番乗りよ!

心からおめでとう!

そして日本の宮原知子も自己ベストを更新して、健闘の第2位!

ファイナルへ一歩大きく前進したわね。早速見ていきましょ!




シェルバコワがグランプリ2勝でファイナルへ一番乗り!

【女子総合順位表】

【女子フリー順位表】

第1位 アンナ・シェルバコワ(ロシア)226.04点

【プロトコル】

スケートアメリカに続いて、

エテリガールズのバコ美ことアンナ・シェルバコワが、ノーミスの演技で堂々の第1位よ!

ただプロトコルをチェックしてみると、計4本のルッツすべてにアテンション「!」をテクニカルがつけているのよね。

アテンション「!」とは

今回のルッツに関していうと、アウトエッジで跳んでいるかとは言えないけど、エラーをつけるまでもない、

つまり、エラーほどではないが正確なエッジではないということなのよね。

優勝したけれども点数が伸びなかったのは、この得点源のルッツジャンプ4本にGOE加点が付きにくかったから。

いままでアテンションなんて付いてなかったのにね、まるでジャッジがバコ美に、

ルッツジャンプ跳び過ぎ!って警告しているようだわ。

それでも自力でしっかり優勝し、このプログラムを滑りきる力は素晴らしいわ!

大変よ!バコ美イリュージョン種明かしが!!!

今回のフリー演技のスロー再生で、

なんとバコ美イリュージョンの種明かしがされてしまうという衝撃の事実が!笑

わざわざ別角度からご丁寧に笑

敢えて、ここでは書くのは控えておくわ~。

イリュージョンはミステリアスなままでこそイリュージョンなのよ!笑

ちょっと笑

これは何かの見間違いよ!バコ美の火の鳥の情熱がお衣装を赤く染めていってるに違いないわよ!笑

キスクラでは巨大すぎるクマタンが!!!

だめよ、クマタン!

冠の資生堂のロゴが隠れてしまっているじゃない笑

怒られるわよ!

☆合わせてお読み頂きたい女子ショート記事よ。

回転不足が厳しい!大混戦の中国杯女子ショート結果は?

表現力は群を抜いて美しい宮原知子が大健闘!

第2位 宮原知子(日本)211.18点

【プロトコル】

「シンドラーのリスト」

切なくもピリッとした宮原の独自の空気感を作り出したわよね。

いつまでも見ていたい、そんな余韻の残る美しい所作の光る演技だったわ。

冒頭の3ルッツー3トーループのコンビネーション。

セカンドのトーループ、いつにも増して高さが出てなかった!?

加点「+4」を付けたジャッジもいたわね!!!

後半のジャンプは回転不足が3本続いてしまったけど、そんなことも気にならないぐらいの表現力で魅せたわ~!

グランプリファイナルへ一歩進んだわね。

次のロシア大会、連戦になるけれどぜひがんばってほしいわ!

第3位 エリザベータ・トゥクタミシェワ(ロシア)209.10点

 

【プロトコル】

演技開始早々からエロス感満載だわ~!笑

あら、フリーのお衣装が、

緩い赤いネクタイのパンツスタイルから変わってるじゃない!と思ったら、昨季のプロに変更してきたのね!

冒頭の3アクセル美しいわ!

ルッツでは珍しくステップアウトね。

待ってたわ!エロス全開ポ~~~ズ!!!

どうしても演技構成点、特に「繋ぎ」が低い評価を受けてしまうのよね。

ねえ、演技構成点に「表情」って項目追加してほしいぐらいだわ!

10.00満点!!!

こんな妖艶な表情、他に誰ができる?笑

2戦ともに3位とファイナル行きは難しくなってきたけど、今度はロシア国内での代表争いに向けて頑張ってほしいわ!

第4位 ユ・ヨン(韓国)191.81点

【プロトコル】

冒頭の3アクセルの転倒があったものの、そこからよく立て直したわよね。

ショート7位から順位を上げてきたわね。

フリーではメンタルの強さを見せたもの。

ちょっと気になったのが、コンビネーションのセカンドジャンプにすべて回転不足判定が付いたことかしらね。

エロス同様、ファイナルへの道は険しくなったけど、今大会の課題をじっくり修正してほしいわね。

今回の中国杯のジャンプ判定も厳し目だったけど、

今季はクリアなジャンプがより求められるようになっているわね。実力のあるスケーターが伸び悩む原因にもなっているもの。

あたしは見た目、刺さってる?って思うものもあったから、AI導入してほしいけど、

ISUはずっとこの方向性でいくのかしらね?

【11月発売予定の羽生結弦関連書籍の紹介よ】

【NEW】

・11月11日発売、フィギュアスケート通信DX カナダ大会2019 最速特集号

【秋の夜長におすすめ炭酸入浴剤!羽生結弦ポストカード2枚付きバスクリン】

↓ご注文はこちらからよ↓

最後までお読み頂き、いつもありがとうございます。

下のブログランキングバナー2つをぜひクリックお願いします、励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

瞳を閉じたOtonal美に酔いしれたままポチっと!

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

美しすぎるOrigin美のポーズにポチっと!

-アンナ・シェルバコワ, フィギュアスケート, 宮原知子


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. まみ 2019年11月10日 7:53 AM

    オネエさま、こんにちは!

    バコ美ちゃん、優勝おめでとうございます♪
    エロス姐さんは3Aを2本も跳んでるのに…ってかんじですが、あたしもオネエさまと同じく、クリムキンイーグルで拳をあげて観客をあおってる「恍惚」な表情を見てたら、点数なんてどうでもよくなりました(笑)

    それより一番気になったのは、なぜに女子の解説が織田くん…?
    荒かーさんが都合つかなかったのかもしれないけど、ユ・ヨンのときにハマコーさんがキスクラに座ってて、全然関係ないあたしがテレビの前で緊張しちゃいました(*_*;
    かといって佐野さんが女子の解説ってのもなんか違う気がするな〜。
    あたしは好きですが(笑)

    • オネエ 2019年11月16日 5:39 AM

      >まみ様

      まみさん、おはようございます。
      エロスはもう点数云々で語るのはチープ過ぎて、レジェンド化させていいと思います笑
      競技さえもショーにしてしまう彼女のエンターテイメントに
      どっぷりハマって見てます。
      女子の解説は荒川以外、適任な女子がいないのでしょうね。

  2. 燦太 2019年11月10日 8:31 AM

    おはようございます!
    宮原知子ちゃん! 正にオネエ様の言う通りです! いつまでも見ていたい素晴らしい演技でしたね♪
    回転不足なんてどうでもいいわ!
    演技構成点…、いやいや芸術点が群を抜いてましたよ!
    他の選手の辿り着けない別次元の芸術性でした♪
    最後の天を仰ぐ振り付けもそうですが、全体の振り付けが、がなり替わった印象でした。 実際はそうでもないと思いますが、知子ちゃんが振り付けを自分の物にしてパーフェクトな演技が出来る様になったと言う事でしょうかね?
    もうね!何度も何度でも見返したい素晴らしい演技でした♪

    • オネエ 2019年11月16日 5:41 AM

      >燦太様

      わたしも宮原の演技の振付、変わってきたなという印象を受けました。
      多分自分の中での解釈が深まったのではないでしょうか?
      ちょっとした表現の変化に気付くことができるのは、その選手の表現なりを
      きちんと見ている証ですね、さすがよのりえさん!笑

  3. ローイ 2019年11月10日 9:19 AM

    おはようございます。オネェ様のブログ観戦で楽しまさせて頂いております(^^)ありがとうございます。宮原選手…大人だわぁ〜(*^^*)エロス様…煽り型は代名詞ですよね。田中刑事選手もフリーで、代名詞をだしてほしいな〜。

    • オネエ 2019年11月16日 5:41 AM

      >ローイ様

      その選手の持っている個性を出してこそ、
      演技が光りますよね~

  4. ゆっここ 2019年11月10日 9:53 AM

    オネエ様、おはようございます
    バコミちゃんの衣装イリュージョン、今回はなんだか?で、前回とはなんか違うと思ったのですが、種明かしだったのね(笑)
    シェルバコワは見かけに合わず、心も強いですね。6分練ではイマイチはまらない様子でしたが最終滑走でも決めてくる!凄い子ですね。
    ルッツにアテンションを付けるジャッジにも安心しました。やはり、ボーヤンのような正確なルッツを跳ぶ選手が同じ大会にエントリーしているのですからね。
    2位の宮原にも驚きました。ショートでの問題点を一晩で克服して自分の強みを活かしていましたね。バーケルコーチが良いのかもしれないです。
    しかし、バコミと宮原のPCS と技術点の差に笑ってしまいます。同じ競技とは思えない程の差がありますね。
    悲しかったのはエロスです…。3Aが完璧とは言えないまでも入ったのに演技構成では宮原には勝てないという。プログラムも戻してきてやはりこちらの方が彼女には合っていますよね。

    女子も男子も、1位は高難度技持ちの選手が、2位は安定のベテランが評価されて、なんとなくISU の願望を示しているような気がしました。

    • オネエ 2019年11月16日 5:43 AM

      >ゆっここ様

      技術点との差を埋める為に演技構成点が存在しているような
      競技になりつつあるなあと思うのはあたしだけでしょうか?
      ジャンプに対してのガイドラインはここで今一度厳しくルールを見直した方が良いと思います。
      プレロテに言及すれば、少なくとも4回転はなくなるはずですから。

  5. ドングリ 2019年11月10日 10:56 AM

    オネエ様こんにちは
    中国杯女子フリー、見応えありましたね!
    バコ美ちゃんは宇宙人枠として横においておいて、地上戦ではやっぱりエロスvs愛と哀しみのさっとんが夜明けの米国東海岸で一人ライストを見るドングリの心を揺らしました。
    エロス…この曲のほうが生き生きエロスしてましたね♡艶っぽくて退廃的、それでいて大胆な彼女の魅力がムンムン匂い立っていました。
    さっとんはもう、このシンドラー、はまり過ぎです。絶望的な運命にも必死に光を見出そうとする魂の滑り…できるならジェイ子のシンドラーとペアで滑っていただけたら博物館ものです。ずっと何度も見ていたいですが、確実に脱水症になりそうです(T_T)(T_T)
    何もかも対照的なエロスとさっとん。どちらも女子フィギュアの至宝ですね。そしてこの二人の年が一歳しか違わないということも忘れてはなりませんw 人間てすごい‼

    • オネエ 2019年11月16日 5:45 AM

      >ドングリ様

      エロスVS哀愁のさっとん。
      ドングリさんのお心を揺さぶったふたりのベテランの演技に
      あたしも心動かされました。
      ジェイ子とEXでシンドラーのシンクロを見て見たい!わたしもずっと
      心の中で思っておりましたわ!

  6. 燦太 2019年11月10日 12:51 PM

    あっ!!そうそう!
    忘れてた! 宮原知子ちゃんのショートのアラビアンナイトなメイクも良かったですが、フリーのナチュラルメイクが可愛いかったですね!
    演技が始まる前の表情!良かったですよね~♪

    • オネエ 2019年11月16日 5:46 AM

      >燦太様

      曲調によってしっかりとメイクさえも
      分けて変えてくるところにプロ意識を感じます!

  7. マルタ 2019年11月10日 1:17 PM

    Tomoさん、毎週末の試合観戦、更新、お疲れ様です。
    バコ美ちゃん、GPF1番のり!おめでとうございます。これに宇宙人、コストルナヤが続くのでしょうか。

    イリュージョンの種明かしはヤボですね。多分、何度も練習しただろうに、わざわざそこをスローにしなくても…。

    それにしても、知子ちゃんの美しい演技といったら!
    『ミス・パーフェクト』と言われ始めた頃、失礼ながら『ミスしないけどお行儀良すぎだなぁ』なんてルールも良く分からないクセに思ってました。
    それが、情感たっぷりの大人の魅せる演技になりましたよね。
    昨季の小雀も好きでしたが、シンドラーもいいですね。
    ファイナルへは狭き門だけど、頑張って欲しいです!

    • ジゼル 2019年11月10日 2:24 PM

      さっとんのシンドラーの表現にため息が出ました。やはり努力を重ねて洗練され研ぎ澄まされた所作は全く違いますね・・
      そしてこの「シンドラー」は演じ方というか、彼女の思いが一つ一つの所作に滲み出るような作品になっていて、もう見応えが違います!
      振付師の作ったのをなぞらえて滑るのではなく、彼女の何を伝えたいかがぐっと迫ってくる感じ。その思いが伝えられるだけの身のこなし、スキルに乗っかっているんですよね。心を掴まれました。
      パコさん。イリュージョンはまあ衣装を胸に挟んでいるのはみんなわかっていたとは思うけど、わざわざスローにしなくてもww
      なぜか気になったのはキスクラ巨大過ぎるクマです。あれまさかリンクに投げ入れられたやつ?謎でありまする。

      • オネエ 2019年11月16日 5:50 AM

        >ジゼル様

        燦太さんも仰っていましたが、シンドラーの振付が
        微妙に変わってきているなあってわたしも思っていました。
        きっと彼女の中での想いが振付や表情となって、変化してきているんでしょうね。
        これからますます深みを増していくのが楽しみですね。
        あの巨大すぎるクマ、さすがにリンクへの投げ込みではないような気がします。
        あれは危ない笑

    • オネエ 2019年11月16日 5:48 AM

      >マルタ様

      マルタさん、おはようございます。
      返信遅れてしまい、すみません。
      バコ美が一番乗り、昨季から何度もブログで思い描いていたような
      女子の勢力図になってきました。宇宙人、姫川亜弓は間違いなく入ってくるでしょうね。
      バコ美の種明かしはなんであそこをスロー再生するのか?って
      シラケてしまいましたね笑

  8. MAOファン 2019年11月10日 2:26 PM

    ごきげんよう おネエ様
    テレビが全部即位パレードなので、昨日の録画を再度見ました。シェルバコワのLzは後半な3Lzは不明確に感じましたが4Lz迄?ただ、真央ちゃんの頃、苦手なジャンプを跳ばないとバランスが的な指摘でPCSに影響したような…トウジャンプとエッジジャンプでは得手不得手があるんですよね。だから8トリプルは価値があったんですが…イリュージョンはスケアメとはタイミングがずれたんですね。本来はスピン中で終了のはずだったかと…トゥクタミシュワはプログラムを変えてきましたねというか昨シーズンに戻してきたんですね。良かったと思うのですけど、彼女の3Lzのステップアウトは珍しいと織田君が言ってました。アテンションが多い大会だとトゥクタミシュワでも気になるのかしら?
    知子ちゃんはやはり衣装を変えましたね。個人的には、背中以外は前の方が良かっのですが…英断ですね。本当に美しくて、心に訴えてくる演技でした。これだけジャンプに厳しい大会では、良かったと思います。濱田コーチがキスグラにいないのは違和感。お化粧直しかしら?真凜ちゃんはまだまだジャンプが不安定、ただ、ステップやスピンで取りこぼしが減ったのはラファエルコーチのおかげなのでしょうか?コラコラ、コーチの話はちゃんと聞きましょう。

    • オネエ 2019年11月16日 5:54 AM

      >MAOファン様

      宮原の時にハマコーがキスクラにいなかった理由について、
      インタビューでこう答えていました。
      「いや、特に理由はなくて。海外はリー先生にお願いしてっていうのを今シーズンはとりあえずお話して。自分にとって初めて違うコーチで試合に出た形になったので、新しい気持ちで演技に臨むことはできました」
      という理由からだそうです~。

  9. MAOファン 2019年11月10日 2:29 PM

    追記、シェルバコワ、わずか3週間で少し顔つきが大人びましたね。誰かに似てる…あっ、寅さんのサクラだわ。余計な話です

    • あじさい 2019年11月12日 10:53 AM

      MAOファン様
      似てる似てる〜〜!
      私も誰かに似てると思ってたんですが サクラでしたか。ありがとうございます(笑)

    • オネエ 2019年11月16日 5:55 AM

      >MAOファン様

      確かに諏訪さくらにそっくりな美人!!!

  10. rago 2019年11月10日 6:32 PM

    あー、エロス、3位だったかー…と少し残念に思ったのですが、インスタに揚々と表情豊かにUPしていて、ファンとして逆に励まされました(!?)

    彼女はもう順位に固辞していませんね。超えてます。
    自分の演技を嬉々として披露できるか否かをモチベーションにしているかも。

    例えば昨シーズンのザキトワはそれこそ順位という結果に拘り、その悲壮な覚悟を恐ろしく、頼もしく感じました。今シーズンも継続している感じですね。

    一方のエロスはゴーイング・マイ・ウェイ。
    ジャッジにまったく媚びず、怪しいPCSで点を稼ごうともしてこない(良い意味で)

    どちらのスタイルも尊敬できます。

    • オネエ 2019年11月16日 5:58 AM

      >rago様

      そうなんですよ、エロスの一番好きなところは
      自分のスタイル崩さないことですね!
      ジャッジに全然媚びてない。だから個性がいつまでも際立って光っているんです!

  11. tetsu 2019年11月11日 1:12 AM

    僕のなかで今回、女子の個人的なMVPは宮原さんでした。
    「そうだ、宮原さんは元々こういうスケーターなんだよ!」っていうことを思い出させてくれて、演技後にでた感想は素直に「強い!」でした。
    「あぁ、こういう表現をしたかったのか…」と、自然と込み上げてくるものがあって、気付いたら彼女の昔のプロを見返してました。
    「やっぱり強い。」彼女の繊細さのなかにある力強さはやっぱり表現者としての質の高さなんだなと思いました。
    本当に回転不足とかどうでも良くなるくらい、陳腐な言い方ですが…、表現力が回転不足を上回って、気にならなくさせていました。PCSはその現れですよね。
    全日本4連覇は伊達じゃない。ミス・パーフェクトからミス・エレガントへ、進化した彼女はとても逞しくて…、
    このプログラムはきっと彼女にとってとても大きなものになると思います。
    初戦のテネル選手、フランスのベル選手、そして宮原選手、こういった選手達が今期存在感を示してくれることは何より嬉しいですね。

    次点はリーザ、プロを戻す…というか昨シーズンのプロをアレンジしたもの?ですよね??3A2本の7トリプル、SPの転倒と単独のLzとFに乱れがあったので順位は仕方ないですが、変更前のプロより思い切りが良くて、滑り易くなっているのかなと。
    CSから彼女を観ていて、一番心配なのがメンタルでした。3AをSP、FP計3回に増やして構成を上げようと試行錯誤していたけれど、外のジャンプに影響が出てクリーンに滑れず、PCSやTESが思うように伸びず、難易度を上げて8トリプルに引き上げようとしても上手くいかない。一方でジュニア上がりのシェルバコワ選手やコストルナヤ選手に手が届かずに心が先に悲鳴をあげてしまってもおかしくなかったと思うので…、
    両方の大会で表彰台に登る彼女もまた「強いなぁ」と思わされました。

    表彰式の前にキスクラで宮原選手と話すリーザの姿に微笑ましさと、きっと彼女達にしかわからない苦悩みたいなものがあるんだろうなと、いろんなことを考えてしまいました。

    • オネエ 2019年11月16日 8:49 AM

      >tetsu様

      宮原のフリーを見終わり、過去の演技を振り返ってしまう、
      その表現力のルール探しの旅はわたしよくやります笑
      彼女もリーザもお互いに長いこと競技生活を続けてきたからこそ、
      分かち合えるものがあるんでしょうね!

  12. あかいさんあ 2019年11月11日 2:32 AM

    オネエさま如何お過ごしでしょうか。
    中国杯終わりましたね。
    まずは、バコ美。ファイナル決定おめでとうございます。今回の中国大会は、男女ともジャンプの乱れが多かったようで、それを押さえ込んだ選手が台乗りした印象でした。

    そんな中、SP/FPをまとめあげて美しいスケーティングを魅せてくれた我等が宮原知子に、ファイナルの可能性が見えてきたので、ロステレも目が離せません。
    バコ美はジャンプは流石ですが、やはり直前がさとこでしたので、どうしてもスピンやスケーティングで荒削りさが素人もにも目立ちました。

    高難度ジャンプの新人 VS ベテランの妙技

    高難度ジャンプに偏りつつある中で、完成度でさとこやザギトワも充分に戦えるひとつの指針になったのではないでしょうか

    最後にエロス!3位
    15年に共に台乗りしたエロスとさとこが、世代交代が激しい中、また共に表彰台に立つ姿に感動を覚えます。低年齢化と、言われる世界の希望の2人です

    男子は復活のハンヤン、4Lzをやってくれたボーヤン感服です

    • オネエ 2019年11月16日 8:51 AM

      >あかいさんあ様

      まさに仰る通りで、高難度ジャンプの新人かベテランの表現力の妙技かという
      戦いになりましたね。
      どちらも見応えがあるのですが、
      また見たいと思う深くて癖になる演技は後者なのかなって思いました。

  13. 通りすがり 2019年11月11日 10:17 AM

    宮原選手、圧巻の滑りでした!
    本当に「魂の叫び」って感じで…
    2A+3T後の審判員に向かって滑っていくところの顔の表情なんて、故「音羽信子さん」真っ青の演技力!
    すみません、なんか顔が似てたので思い出してしまった…(・_・;)
    儚げで美しく、所作も洗練されていて、かつ悲哀、絶望感、もがき苦しむ感じが見事に昇華されていました!
    今までも表現力には定評がありましたけど、ここまで鬼気迫るところを見たのは初めてです。
    表現するってこういう事なんですよね?
    ラフマニノフの「鐘」効果もあって、涙してしまいました…(っ_;)

    • オネエ 2019年11月17日 10:12 PM

      >通りすがり様

      乙羽信子さんに確かに似ていましたよね!
      宮原の表現力はシニアの域さえも通り越して、
      もはや「スケートの枠」に収まらないような卓越した感じがします!

  14. 通りすがり 2019年11月11日 10:47 AM

    すみません、「乙羽信子」さんでしたね(汗)
    エースをねらえ!(歳がバレます)の「音羽京子」と勘違いしてしまった…

    • ジゼル 2019年11月13日 4:25 AM

      通りすがりさん
      音羽京子。宗方コーチに目を掛けられるひろみにメラメラする方ですね!
      ちょっとのりえさんのキャラがかぶる
      、、、(^^)
      最近歳くったせいか音羽さんの気持ちが判るようになってきました(^-^;

    • オネエ 2019年11月17日 10:39 PM

      >通りすがり様

      エースをねらえ!も好きですよ笑

  15. あじさい 2019年11月12日 10:59 AM

    通りすがり様
    こんにちは!
    もう笑ってしまいます みなさんお上手!
    確かに乙羽信子…エースを狙え ごっちゃになりますよね(^^)

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.