スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

ISUの言い訳!隠れる根深い問題とは?スケートアワード衣装

皆様、こんにちは。

先日始まったISUスケーティングアワードの投票において、

最優秀コスチューム賞のノミネートに、ロシアのシュレポフの「シンドラーのリスト」フリー衣装が載ったことで、批判が相次いぎ、ISUが謝罪する事態にまでなったのよ。

「シンドラーのリスト」と言えば今季宮原知子やジェイソン・ブラウンも使用しているのよね、、、




ISUがショートの衣装と間違えて掲載したと言い訳するものの、、、

ISUが謝罪 最優秀衣装候補にホロコースト想起の衣装で波紋「心から謝罪します」

国際スケート連盟(ISU)は3日、公式ツイッターで、今季から始まるフィギュアスケートの年間表彰「ISUアワード」で「最優秀コスチューム部門」において、アントン・シュレポフ(ロシア)のフリーの衣装をSPの衣装と取り違えて候補リストに加えたことを謝罪した。

シュレポフのフリー「シンドラーのリスト」の衣装は、ナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)を想起させるアウシュヴィッツ強制収容所の囚人服、黄色いダビデの星などがモチーフとなっており、シーズン当初から欧米のフィギュアファンの間で波紋を呼んでいたが、同衣装をISUが最優秀賞候補にノミネートしたことで批判が相次いでいた。ISUはツイッターで「ISUは誤ってシュレポフ氏の間違ったコスチューム(ショートプログラムコスチュームではなくフリースケート)を投票対象として提示したことを後悔しています」と弁明。「このエラーは修正されました。ISUはこのミスと、それが引き起こした悪い感情について心から謝罪します」と謝罪した。

英ガーディアン紙は「ISUが“不快な”衣装の指名を謝罪」と報じ、有識者の声としてシュレポフの衣装について「鈍感で攻撃的」との批判を載せた。ロシアのタス通信などもISUの謝罪について報じている。

「ISUアワード」では、最優秀選手賞や新人賞など7部門で表彰が行われる予定。12月1日に各受賞候補者を発表された。同日から来年2月10日までのインターネット投票により、来年3月10日に各部門の最終候補者3人のノミネートが発表され、モントリオールでの世界選手権で受賞者を発表する。

※デイリーより一部抜粋

https://www.daily.co.jp/general/2019/12/03/0012930545.shtml

「シンドラーのリスト」と言えば、今季同じくフリーで使用している宮原知子も、

背中のストラップ部分がユダヤ民族を象徴するしるしの「ダビデの星」になっていることで、

批判もあり、衣装の一部を変更する事態となっていたのよね。

☆合わせてお読み頂きたい「シンドラーのリスト」フリー衣装の記事よ諸費

物議を醸している宮原知子の新フリー衣装について考察する

英国や米国でも一斉にこの件が報道され、批判が相次いでいるのよね。

ISUは宮原の件をきちんと把握していなかったのかしら?

フィギュアスケートは繊細なスポーツであるが故に、時には思い出したくない歴史的背景を連想させることもしばしばあるわよね。

これをショートとフリーで間違えて、ノミネートに掲載してしまいましたってちょっと安直すぎない!?

苦し紛れの言い訳にしか聞こえないわ。

もっと大きな問題が隠れているような気がしてならないわ、少し掘り下げて見ましょう。

☆合わせてお読み頂きたいISUスケーティングアワードの記事よ☆

ノミネートにいないわ!ISUスケーティングアワード投票開始

☆NEW!羽生結弦関連の書籍ご紹介よ☆

↓ご注文はこちらから↓

・本日発売!

Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.11~フィギュアスケート・氷上の宝石~羽生結弦スペシャルインタビュー

・12月19日発売 

KISS&CRY 氷上の美しき勇者たち NHK杯2019総力特集号~Road to GOLD!!! (表紙・巻頭特集/羽生結弦選手)

・12月17日発売

【Amazon.co.jp 限定】フィギュアスケート男子ファンブック Quadruple Axel 2020 シーズン開幕スペシャル

ISUスケーティングアワードはロシアが主導するロシアの為の祭典!?

フィギュアファンの間でも物議を醸している、このISUスケーティングアワード。

ロシアンエージェントのザカリャン氏とISUロシアン副会長のラケニクル氏が主導となっているそうよ。

この企画はISUに却下され、3年越しに実現したそうよ。

そもそも全選手がノミネートされ、全選手から好きな投票ができることが公正なアワードであるべきで、ISUが独自に選別したノミネート候補者だけが出ているのに、あたしはすごく違和感を感じていたのよ。

ロシア推しなのはわかるけど、演技や衣装の内容、

それが影響を及ぼすことは考えずに安易に載せてしまった結果なんじゃないの?

だからこのアワード、フィギュアファンから敬遠されているだと思う。

単純に衣装を掲載間違えたんじゃなくて、もっと根深い「一国」の思惑が隠れているようにしか見えないのよ。

またロシア連盟が、採点に対して抗議した結果、ロステレコム杯のロシア爆盛りの結果は記憶に新しいわよね。

あたしはこの一連の流れでスケーターが国家や政治の為に、振り回されていないか心配だわ。

どこか選手を一番に考えていないような気がするのよね。

これからファイナルが始まるけれども、こうしたネガティブなニュースが選手に悪影響を及ぼさないといいのだけど。

いつもブログをご覧下さり、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下のふたつの「春よ、来い」バナーをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】

ブログランキング

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に舞う、、、

-フィギュアスケート


 

愛のオネエサロン

  1. リン 2019年12月4日 3:09 PM

     アウシュビッツの服とナチスの軍服、この二つを一緒にしたインバクトのある衣装ですよね。製作者や選手サイドの考えは? なにか主張したいポリシーがあるのではないのかしら。善きにつけあしきにつけ しっかり向き合い議論をするべきと思うんですが。ごまかして逃げてはだめよね。ショートの衣装は、あまりにも地味でノミネートはあり得ないのでは?  もう、苦しすぎる言い訳よね。地に足がついていないぞ、ISU! ですわ。 
     たしか、選手の中には、イスラエルのかたやユダヤ系の方、ドイツの方もいらっしゃるはず。どうおもわれたでしょうか。

    • リン 2019年12月4日 8:53 PM

      追、オネエ様、私たちは、自由にのびやに ただただフィギュアを楽しみたいだけなのに、なんで大国の思惑や利益や見栄が、頭をもたげてきたのかしら。今の盛り上がりは、羽生さんが原因なのになんか欲が出てきてませんかね。 彼をきっかけにフィギュアのスポーツ界での地位を引き上げようとしているのでしょうか。でも、形だけではだめよね。 大国や金にへつらったり、利権や忖たくがらみの不正採点がまかり通ったり、特定選手が幹部の好みで優遇されたり冷遇されるようなスポーツに、誰が誇りをもてるかしら。仏作って魂入れず を通りこして 悪をいれる よ。まるで。

      • オネエ 2019年12月5日 8:22 PM

        >リン様

        リンさんの仰る通り!
        純粋に選手達が頑張る演技を応援したいのに、
        国の思惑やマスコミが変なフィルターを通して、それぞれのファンを煽っていく。
        試合は真剣勝負だけど、終わればノーサイド!皆同じフィギュア好きなんですから。

    • オネエ 2019年12月5日 8:06 PM

      >リン様

      衣装を作る段階で、物議を醸すことはデザイナーサイドも
      選手側もある程度把握しているとは思うんですけどね。
      リンさん仰る通り、何か伝えたいポリシーがあるはずですね。

  2. みすな 2019年12月4日 3:57 PM

    ISUにノミネートされてしまったアントンシュレポフが気の毒ですね。
    この投票はロシア主導でしょう、国家ぐるみでドーピングする国ですからね。
    でもフィギュアスケートの選手はドーピングはしてないでしょうにこういう国家の陰謀に巻き込まれるとあとで怖いですね。
    そもそもISUを私物化してるわけで、ISU役員たちだって、この投票はおかしいと思いながらも誰も反対意見を言える人がいなかったということでしょうね。
    3年がかりで押し切ったっていうのは3年かかって、周りを固めたってことですから、お金も動いたでしょうし、賛同の代わりにジャッジを。。。なんてことないでしょうね、ソルトレイクみたいなことは二度とごめんです!

    • オネエ 2019年12月5日 8:07 PM

      >みすな様

      そうですね、ロシア主導ですけど、巻き込まれた選手達は
      たまったもんじゃないですよね。
      ISUの私物化でノミネートがあったりなかったりと、
      このような事態で被害を受けるのは選手ですから。

  3. まみ 2019年12月4日 4:16 PM

    オネエさま、こんにちは!

    今年のNHK杯男子フリーは「シンドラーまつり」だなーと思って見てましたが、恥ずかしながらこの衣装にそんな深い意味があるとは思いませんでした…。

    シユレポフ選手はNHK杯で初めてお見かけし、ショートでは「まげが結えない短髪のお相撲さん」みたいな髪型で「ひょっとして個性的な選手?」と思い、フリーでは「レオノワ選手の旦那」と紹介それ、「おー彼が!」ってかんじでした。
    レオノワさんは、「サモ江枠」で当然オネエさまも気になってますよね?(笑)

    今シーズン使われてる曲で他に気になるのは、なんといっても、パンチの効いた男性ボーカルの「サウンド・オブ・サイレンス」!
    あれは骨太な、ロシアのウエスタンコーチみたいな人に滑ってもらいたいです(≧▽≦)

    あともし自分がスケーターだったら、「ニュー・シネマ・パラダイス」は一度は滑ってみたい曲かな(๑´ڡ`๑)

    • ジゼル 2019年12月5日 8:47 AM

      まみ様
      サウンドオブサイレンス、原曲のコーラスのようなハモりと余りにも違う野太い声にΣ( ̄□ ̄)!オモロびっくり。
      リンゴちゃんを彷彿とさせる衝撃の1オクターブ低いボーカル、野郎具合がインパクト大です。ウエスタンコーチに滑って欲しいー

      • まみ 2019年12月6日 7:32 AM

        ジゼルさま

        こんにちは。
        ほんとあの「野郎サウンドオブサイレンス」、初めて聴いたときは衝撃でしたよね!

        あれが似合うのはウエスタンコーチか、はたまた清原か…。

        とにかく、「王子」じゃなくて「野郎」に使ってもらいたい曲です(笑)

    • オネエ 2019年12月5日 8:10 PM

      >まみ様

      まみさん、こんばんは。
      もちろん、レオノワ嬢はパイレーツオブカリビアンで
      やられました!笑 サモ江枠です。
      今季のプロまだ見れてないので、チェックしてみますね!
      わたしもニューシネマパラダイス滑りたいわ笑

  4. 猫の手 2019年12月4日 6:20 PM

    お久しぶりです。ドイツの田舎に冬眠状態の猫の手です。
    このニュース、昨日だっか自分用グーグルおすすめニュースで表示されました。スイスドイツ語ネットニュース記事でした。
    今まで、収容所の横縞制服の似たデザインがファッションメーカーに使われた時や10代だった(と記憶)ヘンリー王子がナチ将校のコスチューム仮装は、ドイツで大きな話題でしたが、今回フィギュアスケートの衣装に関しては全く話題になってない印象です。
    ドイツ国内発の記事を探したけどヒットしませんでした。フィギュアスケートが人気関心ないためでしょうが、ここまでとはちょっとビックリ。もっと時間たってドイツの記事も出るかもしれません。個人ブログらしいものはひとつありました。
    https://www.google.com/amp/s/www.nau.ch/amp/sport/wintersport/russischer-eiskunstlaufer-sorgt-mit-nazi-kostum-fur-skandal-65622420

    • オネエ 2019年12月5日 8:13 PM

      >猫の手様

      猫の手さん、わーお久しぶりです!
      お元気ですか?
      ドイツで今回の衣装の件が話題になっていないのですね。
      東ドイツの頃はカタリナビットで世間の関心もあったのでしょうけど。
      情報ありがとうございます。またゆっくりリンク飛んで拝見させて頂きますね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.