スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリーナ・ザギトワ フィギュアスケート

投稿日:

体型変化をザギトワの敗因とネガティブな報道ばかりにうんざりだわ!

皆様、こんばんは。

グランプリファイナル女子でまさかの最下位となったザギトワ。ロシアではその敗因が「体型変化」と様々な報道がされているそうね。

あたしはたったひとつの大会の結果で、すべてを決めつけるには時期早だと思うのよ。

でも時は待つことなく、間もなく世界で一番過酷な戦い、「ロシア選手権」が始まるのよね。




体型変化は誰にでも訪れるもの、美しく魅力的な女性になる過程!

最下位ザギトワの敗因は体形変化か 元世界女王が見解「彼女はもう女性なのです」

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルの女子はアリョーナ・コストルナヤ(ロシア)が世界最高の合計得点で優勝。エテリ・トゥトベリーゼ氏の教え子3人で表彰台を独占したが、同門の平昌五輪女王アリーナ・ザギトワ(ロシア)はよもやの最下位に終わった。99年にロシア初の世界選手権女王となったマリア・ブッテルスカヤ氏は、ロシアメディア「russian.rt.com」のインタビューで敗因を問われ、ロシア国内で指摘される「体形変化」について見解を語っている。

ショートプログラム(SP)こそ2位につけたが、フリーで回転不足を連発し、まさかの最下位に沈んだザギトワ。コストルナヤを筆頭に2位のアンナ・シェルバコワ、3位のアレクサンドラ・トルソワ(ともにロシア)と同門の3人とは対照的な結果となったが、17歳が苦戦した理由はどこにあったのか。ブッテルスカヤ氏が語っている。

記事によると、「ザギトワは現時点で自分の最大限の滑りはできたか」と問われた同氏は「SPですべての魂を込めたとても素晴らしい滑りを見せ、正当に2位になりました」とした上で「しかし、彼女はミスが許されない。そう、ザギトワはもう五輪女王です。彼女は何が何でもすべての人に自分がミスなしの滑れることを見せなければいけない」と指摘した。

うまくいかなかった理由については「私の考えでは精神的なものだと思います」とメンタル面にあると分析。「ザギトワの問題は頭から来ています。彼女には自信が足りず、技術点の部分で他のスケーターに負けているのが分かっている。そこから綻びが生まれました」と語り、心の余裕が足りないことが背景にあると見ていた。

一方で、話題はザギトワの体形変化に言及した。質問者から「あなたにはアリーナが余分な体重が増えたように見えましたか? (解説者の)タラソワ氏とアベルブフ氏は生中継で気がねせず、肉眼で体の変化が見えると語っていましたが……」とデリケートな問題に切り込まれると、ブッテルスカヤ氏はこう答えた。

「テレビの映像は実際とは異なった印象を与えることがあります」と断った上で「しかし、アリーナは太っているようには見えません、女性らしく見えます。そう、彼女はもう女性なのです。戦うのが大変です。平昌五輪では彼女は少女でした。そして今、成長が始まった。これは誰にでも起こることで、体重が増えますし、残りのスケーターにも同じことが言えます」と分析した。

「加えて、ザギトワは今、考え方や精神面が全く違ったものになっています」と指摘。「彼女は何のために滑っているのかを分かる必要があります。なぜなら、他のスケーターはすべての力を振り絞って戦おうとするでしょうが、彼女はもうすべて勝ってしまいすべてを達成してしまった」と見解を語り、成長による体形変化を認めながらも、モチベーションに問題があると見ていた。

しかし、すでにピークを過ぎているのかについて、ブッテルスカヤ氏は否定。「ザギトワはフィギュアスケートで多くのことを成し遂げました」と語り、さらに「クラスノヤルスクで行われるロシア選手権を待つことにしましょう。たった2週間後です。そこでは興奮が私たちを待っています」とし、今大会からの巻き返しに期待を込めていた。

※THE ANSWERより一部抜粋

https://the-ans.jp/news/96944/

ちょうどグランプリファイナルのエキシビジョンが行われた夜。

あたしは新宿二丁目の某バーでフィギュア好きな仲間と

ファイナルの映像を見ながら、「リアル語り亭」をしていたのよ笑

そこで一番話題になったのが「ザギトワ」のファイナルフリーの演技の話だったわ。

満場一致で「ザギトワは大人の美しいスケーターになった!」という声が出たのよ!

たったひとつの大会で、あまりにも多くのネガティブな意見が出過ぎなんじゃないかしら?

だって、彼女NHK杯のフリーでは素晴らしい演技を見せたもの!

ブッテルスカヤ姐さんが言う「五輪女王だからミスが許されない」っていうのも、

固定観念の押し付けにしか聞こえないわよ~。

五輪女王も人間でしょ?人間だれでもミスはするわよ、そこから学んで次に活かせばいいだけ!

彼女も女王のプライドはあるはずだから、後輩のエテリ娘達の躍進に、心中穏やかでないに決まってるわよ。

でも様々なタイトルを手にしてきた彼女だからこそ、

これからはもっと「自分らしさ」を追求してほしいなって、あたしは思うのよね。

「体型変化」は誰にでも直面する問題でしょ!?そこをどう捉えるか?

あたしは美しく大人の女性になる過程と捉えているわ。もちろんスケーターとして当てはめた時にも、

この過程でジャンプが跳べなくなるとか様々な問題が出てくるのもわかっているわよ。

でもこの過程を乗り越えた時に、スケーターとしても一段階上の新たな魅力を放ち始めて、自分らしさを出せるんじゃないかしら?

もしくはその前に引退してしまう選手達もどれだけいたことか、、、

周りが結果ばかり求め過ぎなのよ。五輪女王だから勝ち続けなければいけないなんてルールどこにもないでしょ。

やりたいことやりゃいいのよ~!それに資生堂が付いているでしょ!?

どんどん美しくなるバックアップだって出来ているじゃない!笑

【羽生結弦関連の書籍情報】

表紙が来たわよ!12月27日発売のグランプリファイナルの激闘を!

「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2019 in グランプリファイナル」

ロシア国内選手権はかつての全日本フィギュアさえも超える一番難しい大会!

間もなく始まるロシアナショナル!

かつて全日本フィギュアが世界で一番難しいハイレベルな戦いと言われたように、

世界フィギュア、たった「3枠」の切符を勝ち取らなければならないのよね!

コストルナヤ、シェルバコワ、宇宙人、エロス、カルーセル麻紀、メドべージェワ、そしてザギトワ。

エテリガールズ3人娘はまさに怖いもの知らずで今勢いもあるけれど、

そこにベテラン勢がここ一番の大会で、どのような演技を見せるのか?

いまから楽しみだわ~。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下の2つのバナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】

フィギュアスケートランキング

25歳のお誕生日おめでとう!

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に届ける!

-アリーナ・ザギトワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.