スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

メディアの捏造や中傷記事は名誉棄損で訴えられるべきよ!

皆様、こんにちは。

大きな大会が終わると、お決まりのように、特定のメディアはこぞって羽生結弦だけ糾弾するような捏造記事や中傷記事を毎回平気で書くのよね。

そういう輩に限って、羽生選手を取材していると勝手にホラを吹いているのよね。

本人が何も言わないのをいいことに、言いたい放題。

きちんと選手の言葉、そして姿勢を真摯に見ていれば、どうやっても書けないことなのに。




メディアの捏造、中傷記事の数々は名誉棄損で訴えられてもおかしくないレベル!

6冠羽生に引退説出るも…王者奪還目指しオーサーコーチと“決別”

平昌以降は若手が急成長。ライバルのネイサン・チェン(20=米国)に、昨年3月の世界選手権(埼玉)で22・45点差、同12月のGPファイナル(イタリア・トリノ)では43・87点差と、いずれも大差をつけられて後塵を拝した。昨年のGPファイナルで世界最高得点をマークしたチェンは、異次元の強さを発揮。これまでどちらかといえば不得手にしていたアクセルのレベルアップを図るなど、進化は増すばかりだ。

ライバルの後手を踏む羽生を巡って一部では「引退」もささやかれているが、本人は王者奪還に意欲を見せている。

22年北京五輪で日本勢初の冬季大会3連覇を見据える羽生は、ここにきて指導者や練習拠点の変更も視野に入れている。12年から師事するカナダ人のブライアン・オーサー・コーチと決別するというのだ。

「平昌五輪後、師弟の間で意見の食い違いが見られるようになり、演技構成を巡っては何度となく、衝突してきた。羽生は世界初となるクワッドアクセル(4回転半)に取り組んできたが、オーサー氏は教え子の故障防止を優先して、ケガのリスクが高い大技の実施に難色を示してきた。このままではチェンに追いつけないと判断した羽生は親しい関係者に、『何かを変えなきゃいけない』と漏らし、オーサー氏が所属する『クリケット・クラブ』(カナダ・トロント)から練習拠点を移すことを検討している」(フィギュアスケート記者)

■新たな指導者はロシアの皇帝「自分のモチベーションになっている」

昨年11月のNHK杯のSP後の会見で「できればロシア人のコーチにも習ってみたい」と、指導者変更を示唆したことがあった。羽生はかねて「フィギュアスケートの原点はロシアだと思う」と、男女とも多くのトップスケーターを輩出する同国への憧れ、尊敬の念を口にしてきた。過去にフリーのプログラムで「ロシアより愛を込めて」を使用していたのも、「原点」に対するリスペクトからだといわれる。

羽生がカナダ人コーチに代えて、新たに門を叩くのが、「ロシアの皇帝」の異名を持つエフゲニー・プルシェンコ(37)だ。プルシェンコは02年ソルトレークシティー五輪から4大会連続出場し、2個の金を含む4個のメダルを獲得。31歳で出場した14年ソチ大会では団体金メダル獲得に貢献するなど、フィギュア界のレジェンド的存在だ。17年3月に引退してからは、モスクワなどに自身の名を冠したアカデミーを創設してスケーターの育成に励んでいる。

「羽生が口にする『原点』とは、プルシェンコに他ならない。そもそも、五輪を意識するようになったのも、ソルトレークでのプルシェンコの滑りに感化されたからです。小さい頃から憧れの選手で髪形まで真似ていた。羽生は常々『五輪の各大会で演技の印象が異なり、どれも魅力がある滑りです。これは彼(プルシェンコ)独特のもので、自分のモチベーションになっている』と公言してきた。羽生は現役時代に安定感のあるジャンプと、モダンバレエを基にした表現力に定評があった皇帝に師事して、北京五輪での巻き返しを期している」(前出の記者)

次の冬季五輪は、モスクワ経由北京行きか。

※日刊ゲンダイより一部抜粋

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/268837

先日のイモ記事にしろ、日刊ゲンダイは捏造記事ばかり。

そして毎回お決まりの証言者は架空のフィギュアスケート関係者、フィギュアスケート記者、スケート連盟関係者。

過去にもこんなタイトルの記事ばかり。

・羽生結弦「SEIMEI」復活の裏に5歳下宿敵・チェンの覚醒
・羽生 頂上決戦で優勝狙うもリンク外の収入はチェンに軍配

そんなにネイサン、ネイサン言うなら彼のことだけ書いていればよくない!?

本人が一言も言ってないのに「引退」の話が出てくるの!?

そしてそんなにもオーサーと決別させたいの!?

確かにプロシェンコの事はリスペクトしているけれども、

「自分らしい演技」をするために、「SEIMEI」に戻したばかりじゃない。

次の冬季五輪は、モスクワ経由北京行きか。

極めつけはこの文章の嫌味ったらしい〆。

五輪も何も明言していないのよ。

この記事を書いた輩こそ、名誉棄損経由で裁判所行きか。

☆合わせてお読み頂きたい芸能ジャーナリストの捏造記事よ☆

いい加減な記事やめなさい!芸能ジャーナリストが羽生結弦を語るな!

スケート連盟は言われっぱなしの捏造や中傷記事に対して、選手を守るの?

過去の自分よりも良い演技ができる。羽生結弦、プログラム変更への自信。

米国のベテランスポーツ記者、フィリップ・ハーシュは自身のコラムで「羽生結弦ほどのクラスの選手だからこそ、敢えて苦言を言いたい」と前置きをした上で、昔のプログラムに戻したことを「まるで壊れたレコードのよう」と批判した。

羽生が2017/2018年平昌オリンピックシーズンに、この2プログラムで挑むことを発表したときも、オリンピック用の新プログラムを作成しなかったことを非難する意見もあった。

だがこのプログラムで挑んだ判断が正しかったことは、歴史が証明している。

確かにフィギュアスケートというスポーツにおいて、各選手が毎シーズンどのような新プログラムを持ってくるのか、というのはジャッジにとっても観客にとっても楽しみの1つである。技術と表現の両方で勝負する上で、新しいプログラムに挑戦するということが、大事な要素の1つであることは間違いない。

※Numberより一部抜粋

https://number.bunshun.jp/articles/-/842466

一見、マトモなタイトルだったから、読み進めたら、

やだ、田村明子氏の記事だったわ。途中で読むの止めたわ笑

何故、プログラム変更の自信を語るのに、わざわざネガティブな記者の「まるで壊れたレコードのよう」なんて、

発言を用いてくるの?

技術と表現の両方で勝負する上で、新しいプロに挑戦することが大事な要素って、それアンタの頭ん中の定義でしょ!?

このオンナ、何が言いたいのかさっぱり理解できないわ。

捏造や中傷記事を選手が何も言わないことをいいことに、メディアは書きたい放題。

もっと選手の言葉をそのまま汲み取って記事にしなさいよ。そこに嘘や着色なんて必要ない!

選手の真摯な姿をもっときちんと正面から見つめないとダメよ。

そしてこの一連の記事を本人が目にしてしまう可能性を考えると、スケ連は即刻訴えるべきじゃないの!?選手を守るってここにもその使命があるはずよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第6位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.