スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

打倒ネイサンばかり!メディアはフィギュア不正採点に言及したらどう?

皆様、おはようございます。

先日記事でお話した、フィギュア界のスキャンダル!ジャッジの不正採点はこうして行われた!

アメリカとカナダのメディアが不正採点疑惑をこぞって取り上げて、

大騒ぎした結果、ISU会長が動く事態になり、両国のペアに金メダルを授与するという結果になったわよね。

何故、現在の日本のメディアは、採点不正疑惑には一切触れないのかしらね?ISUを動かすぐらいのことぐらいしてみたらどうかしら?




メディアが記者に選手の今後聞くよりも、いまのおかしな採点を取り上げたら?

・「最も信頼できる」米国名物記者に、羽生結弦と紀平梨花の今後を聞いた。

・羽生結弦はネイサンに勝てるのか?スポーツライター達の分析

こんな記事がスケートニュースで流れてきて、またか!と思ったわ。

「人気記者が世界フィギュアをどう分析するか楽しみです」って、そんなことどうでもいいわよ。

今のメディアって、本当の核心の部分には触れずに、いつもこんなこと繰り返してるのよね。

リンクの中は真剣勝負。何が起きるかわからない。だからフィギュアスケートはおもしろいのよ!

そこにジャッジが忖度で採点をいじってくるから、毎回こじれるだけのこと。

大会予想したって、そこに忖度入ったら意味なくない?

何故、そこに日本のメディアは言及しないの?

選手の足を引っ張るようなことばかりして、自国の選手を守ろうなんて心意気のあるメディアないものね。

ISUを長年見てきたけど、外ヅラだけは気にする機関だからね。

日本はフィギュアスケートを支える大きな力であることには間違いないわよ。

でも日本のメディアが、いい子いい子で、ISUの核心には触れないから、やりたい放題なのよ。

もっと今のおかしな採点やルールについて言及していくことって大事なことよ。

☆合わせてお読み頂きたい五輪不正ジャッジについての記事よ☆

フィギュア界のスキャンダル!ジャッジの不正採点はこうして行われた!

マスコミは打倒ネイサンと騒ぐが、本当は打倒ジャッジなのでは!?

羽生の質は向上 打倒チェンへ仕上げ段階/小塚崇彦

小塚氏 1本1本のジャンプにキレが出たと思います。体の軸が「キリキリッ」と回るような感じ。フリーの(着氷時に手をついた)4回転ルッツなど、羽生選手自身も理想と比べて「まだ足りない」と思っているでしょう。ただ、質は確実に上がっている。野球に例えると、投手の肩が出来上がった状態のようです。

フィギュアスケートの個人種目を、9人で戦う野球と重ねた。例えば直球やカーブ、スライダーを、ルッツやサルコー、トーループといった4回転ジャンプに置き換える。キレは抜群。世界選手権で頂点に立つための必須要素を得た。では、残りの約1カ月間、高めていくべきものは何か-。

小塚氏 捕手に求められる要素でしょう。スケートは、1人で投手も捕手もやらないといけない。野球も全部が直球では勝てない。質の良い球(ジャンプ)を、どうまとめていって勝つのか。仕上げの作業です。

※日刊スポーツより一部抜粋

https://www.nikkansports.com/sports/news/202002100000737.html

小塚氏よ、サッカーに続いて、野球を例えに出さなくていいわよ。それに回りくどくてよくわからないわ。

質の良いジャンプを跳んでもジャッジがそれ相応の評価をしてくれないことについて、お話して頂戴よ、元競技者目線で。

以前、小塚氏がサッカーを例えにした時も、あたしは全然納得できなくて。

「オリンピック1回目優勝すると思っていなかった。で、2回目も怪我があってから、2連覇している。あの時点で、僕は、悪いですけど、信じていなかったんですよ」

彼の作戦勝ちですね。他の選手たちは時代の流れでどんどん難しいジャンプを入れていたんですけど、彼は難しいジャンプを抜いて、点数を求めたんです。かつ勝てるプログラムをやってきた。という意味では、さっきのサッカーの話と似ているなと思ったんですよね。ポーランド戦で一歩引きながら決勝に進んでいったというのと」

サッカーのポーランド戦の時間稼ぎのボール回しと、平昌五輪の羽生結弦の演技は比較しないでほしいわよ、全く別物よ!

打倒ネイサン、ネイサンって、本当の敵はジャッジだ!って書いてくれたら、

小塚氏もっとおしゃべり!になるのにね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第6位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.