スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

更新日:

打倒ネイサンばかり!メディアはフィギュア不正採点に言及したらどう?

皆様、おはようございます。

先日記事でお話した、フィギュア界のスキャンダル!ジャッジの不正採点はこうして行われた!

アメリカとカナダのメディアが不正採点疑惑をこぞって取り上げて、

大騒ぎした結果、ISU会長が動く事態になり、両国のペアに金メダルを授与するという結果になったわよね。

何故、現在の日本のメディアは、採点不正疑惑には一切触れないのかしらね?ISUを動かすぐらいのことぐらいしてみたらどうかしら?




メディアが記者に選手の今後聞くよりも、いまのおかしな採点を取り上げたら?

・「最も信頼できる」米国名物記者に、羽生結弦と紀平梨花の今後を聞いた。

・羽生結弦はネイサンに勝てるのか?スポーツライター達の分析

こんな記事がスケートニュースで流れてきて、またか!と思ったわ。

「人気記者が世界フィギュアをどう分析するか楽しみです」って、そんなことどうでもいいわよ。

今のメディアって、本当の核心の部分には触れずに、いつもこんなこと繰り返してるのよね。

リンクの中は真剣勝負。何が起きるかわからない。だからフィギュアスケートはおもしろいのよ!

そこにジャッジが忖度で採点をいじってくるから、毎回こじれるだけのこと。

大会予想したって、そこに忖度入ったら意味なくない?

何故、そこに日本のメディアは言及しないの?

選手の足を引っ張るようなことばかりして、自国の選手を守ろうなんて心意気のあるメディアないものね。

ISUを長年見てきたけど、外ヅラだけは気にする機関だからね。

日本はフィギュアスケートを支える大きな力であることには間違いないわよ。

でも日本のメディアが、いい子いい子で、ISUの核心には触れないから、やりたい放題なのよ。

もっと今のおかしな採点やルールについて言及していくことって大事なことよ。

☆合わせてお読み頂きたい五輪不正ジャッジについての記事よ☆

フィギュア界のスキャンダル!ジャッジの不正採点はこうして行われた!

マスコミは打倒ネイサンと騒ぐが、本当は打倒ジャッジなのでは!?

羽生の質は向上 打倒チェンへ仕上げ段階/小塚崇彦

小塚氏 1本1本のジャンプにキレが出たと思います。体の軸が「キリキリッ」と回るような感じ。フリーの(着氷時に手をついた)4回転ルッツなど、羽生選手自身も理想と比べて「まだ足りない」と思っているでしょう。ただ、質は確実に上がっている。野球に例えると、投手の肩が出来上がった状態のようです。

フィギュアスケートの個人種目を、9人で戦う野球と重ねた。例えば直球やカーブ、スライダーを、ルッツやサルコー、トーループといった4回転ジャンプに置き換える。キレは抜群。世界選手権で頂点に立つための必須要素を得た。では、残りの約1カ月間、高めていくべきものは何か-。

小塚氏 捕手に求められる要素でしょう。スケートは、1人で投手も捕手もやらないといけない。野球も全部が直球では勝てない。質の良い球(ジャンプ)を、どうまとめていって勝つのか。仕上げの作業です。

※日刊スポーツより一部抜粋

https://www.nikkansports.com/sports/news/202002100000737.html

小塚氏よ、サッカーに続いて、野球を例えに出さなくていいわよ。それに回りくどくてよくわからないわ。

質の良いジャンプを跳んでもジャッジがそれ相応の評価をしてくれないことについて、お話して頂戴よ、元競技者目線で。

以前、小塚氏がサッカーを例えにした時も、あたしは全然納得できなくて。

「オリンピック1回目優勝すると思っていなかった。で、2回目も怪我があってから、2連覇している。あの時点で、僕は、悪いですけど、信じていなかったんですよ」

彼の作戦勝ちですね。他の選手たちは時代の流れでどんどん難しいジャンプを入れていたんですけど、彼は難しいジャンプを抜いて、点数を求めたんです。かつ勝てるプログラムをやってきた。という意味では、さっきのサッカーの話と似ているなと思ったんですよね。ポーランド戦で一歩引きながら決勝に進んでいったというのと」

サッカーのポーランド戦の時間稼ぎのボール回しと、平昌五輪の羽生結弦の演技は比較しないでほしいわよ、全く別物よ!

打倒ネイサン、ネイサンって、本当の敵はジャッジだ!って書いてくれたら、

小塚氏もっとおしゃべり!になるのにね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第6位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. mizuki 2020年2月18日 10:16 AM

    オネエさま、いつも詳しい情報ありがとうございます。
    このアメリカ記者の記事読んで、何か奥歯にものが挟まったようなスッキリしない、肝心なことは何一つ語っていない記事で正直がっかりでした。
    小塚さんのお話もかえってわかりづらくしているだけではてな??が飛び交いましたよ(笑)
    それにしても、日本がISUの一番のスポンサーと言ってもいいはずなのに、どうしてこんなにも自国選手のサポートをしてくれないんでしょうね。発言権あるはずなのに。ロシアはすぐに対応してくれるのに。
    1度でもスケ連よくぞ言ってくれた!!ってことが知ってる限りではありません。
    四大陸で行われたような某国爆盛りPCSが世界選手権への布石だとしか思えないです。
    羽生くんも紀平ちゃんもどうか正しく公平に評価されますようにと願わずにはいられません。

    • オネエ 2020年2月21日 3:36 AM

      >mizuki様

      日本のスケ連が一度でも声を上げてくれたことなんてないですね。
      他の国のスケ連は自国の選手の為に動くときは動くし、声を上げますよね。
      ISUという組織自体、発言をしやすくするために、平等に各国から人選をした方が
      いいのではないでしょうか?

  2. 千聖 2020年2月18日 10:51 AM

    オネエ様

    いつも分かりやすい記事を書いてくださりありがとうございます。コメントできない日もじっくり読ませていただいています。
    くだらないエセゴシップばかりの日本のメディア、自国選手を貶めている(といってよいはずの)不正採点疑惑を取り上げない裏には何か大きな力の介入でもあるのでしょうか?日本の連盟の怠慢ともいえる姿勢も然りです。本当に、数分の演技に全てをかけて、死力を尽くしている選手が気の毒で。いっそロバート秋山のクリエイターズファイルででもやってくれませんかね、「疑惑のジャッジ トリノの混乱」みたいな。

    羽生選手のロシアでの大怪我を「不注意」と言ったK氏の発言、忘れたことはありません。時間かせぎのボール回しの不適切なたとえもですけど。
    オネエ様の「おだまり!!」砲に何度気持ちを救われたことか。あらためて、感謝の気持ちをお伝えしたくてコメントさせていただきました。

    • オネエ 2020年2月21日 3:38 AM

      >千聖様

      こちらこそ、いつもブログをご覧頂き、コメントを下さることに
      感謝しております!
      日本のメディアがもっとISUのおかしなところを取り上げ、スケ連が
      声を上げることをすれば、ISUだって動く事あると思っています。
      日本がなければ、いまのフィギュアは成り立たないと言ってもいいほどです。

  3. ちょび助 2020年2月18日 11:10 AM

    オネエ様 こんにちわ。
    「米国名物記者」てジャッキー・ウォンですよね?コメント読んだんですけど、
    「羽生はノーミスなら4A無しでも十分ネイサンに勝てる」とありました。そんなのみんなわ知ってるわい!でもその前にオネエ様のおっしゃる通り、「正当に評価されれば」ですよね。ゆづの方だけじゃなくあちらに対してもです。
    でもねオネエ様、ジャッキーは「羽生はノーミスなら4A無しでも十分ネイサンに勝てる」の後「羽生はそう思ってないみたいだけど」て言ったんです。つまり「君はどう思ってても僕らは(世界は)君がネイサンに負けてるとは誰も思ってない」てことだと私は勝手に解釈しました。マッシさんにしても、スペインの解説にしても少しずつ声を上げ始めていますよね。そしてゆづも自分のスケートを取り戻した。ここから何かが少しでも変わってくれればと期待してやみません。
    時々もうこんな腐敗したフィギイア界なんてポイッしちゃえばいいのよ!!てなるんですけど、やっぱりポジティブな未来をポイッしちゃいけないなって思い直しました。

    • オネエ 2020年2月21日 3:41 AM

      >ちょび助様

      ジャッキー氏のことです。
      海外の方達が、こうして声を上げてくださること本当に嬉しく思います。
      自分達の国のメディア、ライター、何をやっているの!?と恥ずかしくなります。
      誰が引退してもフィギュアスケートは愛し続ける!っていう考えの方がひとりでも増えるような
      そんな風に変わってほしいなって。

  4. ふわ~っと♪ 2020年2月18日 11:13 AM

    おはようございます!オネエ様

    フィギュアスケートがマイナーだからって、サッカーや野球に例えるには無理が…
    共通点はジャッジがいることくらい?
    彼らも生きてくためには何か仕事しないとならないのでしょうが…

    羽生君の求めるスケートは銀河系レベルなので、ISU基準では測定不能だわ。
    試合の緊張感と それを乱さない洗練された空間、完璧なアイスリンクと音響設備、
    固唾をのんで見守る観客(マスク着用)を、全力で用意して!!完璧によ!

    あとは、待つだけ。期待で胸が壊れそうになりながら。
    リンクに描かれる至福の美と溢れだすメッセージがギュッと詰まった時間を。
    もし、ISU基準で優勝判定が出たら、羽生君のニッコニコ笑顔が見れるのだけど
    それって、オマケみたいなものじゃないかな?

    • オネエ 2020年2月21日 3:44 AM

      >ふわ~っと♪様

      わたし小塚氏のフィギュアを他のスポーツに置き換える論法が
      理解できなくて。サッカーの時もそれは強く感じました。
      技術的なことをもっとストレートに淡々と解説してほしいですね。
      世界フィギュア、いろいろと心配な要素がありますけど、(インフルも心配ですね)、
      ぜひ笑顔で締めくくってほしいです。

  5. めいと 2020年2月18日 1:25 PM

    私いつもこの打倒ネイサンて言い方が気になるのよ。ネイサンが打倒羽生って言うならわかるのよ。でも五輪2連覇、オマケにスーパースラムまで達成してSP世界記録更新もした人に対して打倒ネイサンて煽るのおかしいわ。打倒〇〇の〇〇の中身は絶対的な強さの持ち主でないと。打倒ネイサンでなくて、めきめきと頭角を現してきたネイサンの追い上げをかわせるのか?くらいにして頂きたいわ。私の中ではネイサンはまだまだ新興勢力なのよ。打倒ネイサンは、鍵山くん、佐藤くん世代にお任せして差し上げてって思うわ。
    あと小塚氏は言葉でスケートを表現するのは絶望的に向いてないと思うので、ブレード製造販売と後進の育成に専念してほしいわ。人間向き不向きがあるから仕方ない。その方がお互いのためよね。腐ってもワールド銀メダリストなんだからさ、黙って華麗なイーグルでもしてて頂戴…

    • ちょび助 2020年2月18日 3:30 PM

      めいと様
      おっしゃる通りですね。例えていうなら大御所北島三郎に対して出てきたばかりの新人演歌歌手がいくら2曲続けてミリオンだからって、サブちゃんを超えたなんて誰が思うかって話ですよ!

    • オネエ 2020年2月21日 3:46 AM

      >めいと様

      いつの間にか順番が逆転してますよね。
      全くおかしな話です。
      確かに打倒ネイサンはこれからのジュニアからシニアへ上がってくる世代に
      対して使うべきですよね。

  6. リン 2020年2月18日 2:14 PM

     以前羽生選手は、去年までは、圧倒的に勝ちたいと、勝負に対してポジティブな発言をしていました。まだ、ジャッジやISUをを信じたいというメッセージをおくっていたのだとおもいます。しかし、四大陸後のインタビューでネイサン対決のことを聞かれたとき、そんな余裕はないと・・・。 ジャッジが、どうせ不正採点で 自分を勝たせようとはしないので、勝敗のジャッジングに一喜一憂は、どうでもいい。  ネイサンとはめざすスケートが違うので、もう戦おうとは思わない。土俵がちがうので相手にできない。そんなことに、貴重な時間と心をつかわない、という思いからの発言だと勝手に思っています。自分のめざすフィギュア道の完成のみが、モチベーション。これが、ISUの仕打ちに、苦しみながら絶望して、出した結論かな。  はっきりいって、彼は見限ったのではないでしょうか。ISUや日本のスケレンを。  これからはもう、自分の信じるフィギュアのためだけにすべるのです。それは、きっと彼にしか許されない、神との対話 のために。究極の美を芸術を追究する人は、醜悪なものを相手に戦う必要はないのですから。 (ファンは、たたかいますが。)
     一部のマスコミもそれに群がる人も愚かで、どこか、理解すらできない自分より優れている天才の失敗をアンチとともに喜び、おとしめ安心感を得ようとする。そこにつけこむ嘘の捏造と悪意の編集、ともに落下速度は、加速中。御愁傷様。 勿論、素晴らしいメディアもありますが。弱腰ですよね。世界を良くする力がマスコミにはあるというのに。とりあえず、羽生選手を助けて欲しい。何が起こっているのか声をあげてくれるだけでも。

    • オネエ 2020年2月21日 3:47 AM

      >リン様

      そうなんですよ、世界を動かす力がマスコミにあるのだから、
      良い方向になんでそれを使ってくれないのか!?
      今の現状をもっと深刻に伝えるべきです。

  7. もみじ 2020年2月18日 3:41 PM

    オネエ様皆様こんにちは。もう、ISU、日本スケート連盟には、絶望してます。この前の日曜日、張本さんが、ネイサンに勝ったら、大あっぱれをあげるって言ってました。私は、正当なジャッジがあれば勝てるわ❗と、叫んでました。ほんとに、変なジャッジに、ものを言ってくれるマスコミはいないんでしょうか?なんで、日本の宝を守ってくれないんでしょうか?ただただ、残念でしょうがないです。

    • オネエ 2020年2月21日 3:48 AM

      >もみじ様

      大あっぱれをあげるという言い方も、
      まるで奇跡でも起こすかのようなニュアンスですよね。
      勝ち負けよりももう打倒ジャッジなのだから。

  8. 桂子 2020年2月18日 11:10 PM

    本当に…打倒ネイサンやら世界選手権で優勝したら…とかため息です。
    本当の敵はジャッジでしょう?ジャッジが適正な点数をつけようとしないのにどうして点数が出ますか?そんな状況で優勝じゃないと負けたと言われるのが悲しいです。
    ジャッジが真当な点数をつけてくれればファンがこんなにモヤモヤする事も無いし、結弦君があんなに悲しそうな顔をする事もないわけです。
    四大陸のコメントは…もうジャッジに真当な点数を期待しないし自分が納得する滑りだけを目標にする宣言でしたよね。
    結弦君がパーフェクトなプログラムを実行した時ジャッジはどうするんだろう?それでも下げようとするのか?
    ISU推しの選手はジャンプが跳べればプラスなのに、結弦君の場合は100%完璧なもので無いとマイナスしていくという考え方…?四大陸のSPのGOEが何故5じゃ無いのか?演技構成点も本当はもっと高くあるべきなのでは?どうしても112点以上出したく無かったんでしょう?114〜115出てもおかしくないプログラムだったと思いますけどね!どうやって点数を下げようか考えているからあんなに時間がかかったのではないのでしょうか?
    何故日本スケ連は異議申し立てをしないのか?何故日本のマスコミは点数を不当に操作されていることを指摘しないのか?それをやっちゃうと取材に入れなくなるとか?
    スケートに人生賭けている選手に対してあまりな仕打ちです。
    多くは望まない、真当な点数で優勝する結弦君を見たい。喜ぶ結弦君を見たい…それだけなのに。

    • オネエ 2020年2月21日 5:24 PM

      >桂子様

      桂子さん、こんばんは。
      そうですね、真っ当で公正な点数さえつけてくれれば、
      ファンはモヤモヤせずに済みますよね。
      出される点数に対して言われるがままで全く動こうとしないスケ連に、
      本当に腹が立ちます。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.