スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 佐藤駿 鍵山優真

投稿日:

一体世界ジュニアどうなる?予定構成発表から見えてくる展望は?

皆様、おはようございます。

いよいよ明日から試合が始まる世界ジュニアフィギュアの演技予定構成が発表されたわよ!

一部、もはやジュニアとは思えない難度の高いものも!

早速、主な注目選手の構成を一緒に見ていきましょう。




クワドなしの男子ショートはノーミスが必須!

【鍵山優真】

4トーループ2本と、最後は3アクセルで終える構成ね。

ミスなく、完成度の高さで、いかに加点を取れるかが大事よね。

4サルコウ入れてほしいわよ~。

【佐藤駿】

フリーでは冒頭からクワド3本続く、難度の高い構成ね。

4ルッツの成否で大きく変わってきそうよ。

【ゴゴレフ(カナダ)】

怪我から復帰したゴゴレフ。

ババリアンではクワドなしだったけど、3種類のクワド予定構成と一気に難度上げてきたわね!

【グラスル(イタリア)】

冒頭からクワド3連続と攻めの構成ね~。

しかもルッツ、フリップ、ループと男子ではもっとも難度の高い構成!

いかに回転不足なく跳べるかで大きく順位が変わってくるわね。

そしてグラスルの変態スピンにもぜひ注目よ!

【グメンニク(ロシア)】

4ルッツ、4サルコウと2種類の予定ね。

フィニッシュポーズの鬼気迫る表情にぜひ注目よ!

【モザリョフ(ロシア)】

鍵山同様、クワドはトーループのみだけど、

モザリョフは今季、演技全体の完成度の安定感は抜群よね。

※参照リンクはこちら

http://cloud.isu.org/index.php/s/ZjHKAuuhdVONPJY#pdfviewer

まずは男子ショート。構成内容では差が付きにくいので、いかに演技構成の質を高く、ミスなく加点をもらえるかが鍵よね。

男子ショートは明日3月4日、19:40~24:40 からよ。

☆合わせてお読み頂きたい世界ジュニアの見どころ記事よ☆

残念ながら欠場に!世界ジュニアフィギュアの注目選手と見どころは?

ワリエワはフリー4回転なしの構成か?完成度の高さか攻めの構成か?

【ワリエワ(ロシア)】

今季、従来であれば、4トーループ2本の構成の予定が外してきているわね。

何かまた怪我などあったのかしら?

ただジャンプ以外のスピンなどの要素でも非常に高い加点をもらえる選手でもあるので、注目したいわよ。

【リウ(アメリカ)】

ショートの3アクセルー3トーループから攻めてくるわね。

フリーでは3アクセル2本と4ルッツ。

彼女、いかに回転不足なくクリーンにジャンプを跳べるかが大事よね。ジャンプのプレロテなどで、物議を醸すことも多いからね。

クワドを跳ばない構成予定のワリエワと比べて、難度の高さでは圧倒的にリウが上回るわね。

完成度の高さのワリエワか、攻めの難度の高さのリウかが優勝争いのポイントとなりそうよ。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 佐藤駿, 鍵山優真

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.