スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

まさかの撤回にびっくりよ!スケ連がジャパンオープン開催を承認か?

皆様、こんばんは!

ISUの競技日程をある程度まとめようかしらと思って公式サイトを見ていたら、びっくりしたわよ!

なんと「ジャパンオープン」の横にあった「延期(Postponed)」の文字が消えているじゃない!!!

これは主催者の意向を受けて、ISUが開催決定を決断したということなのかしら?

スポンサーリンク

ジャパンオープン2020は開催なの?ISU競技日程から消えた「延期」の文字!

「ジャパンオープン」から「延期(Postponed)」の文字が消えているじゃないの!

10月3日で場所は埼玉の記載のみであるけれど、

例年、さいたまスーパーアリーナで開催されているわよね。

ここで「ジャパンオープン」とはどんな大会なのか?2019年の概要を参考に、もう一度振り返っておきましょう。

【大会名】

木下グループカップ フィギュアスケート Japan Open  3地域対抗戦

【概要】

日本、北米、欧州の3地域によるプロアマ混合、男女各2名、計4名のチームによる団体戦形式。シングルフリーの演技の合計点をチームの総合点とする団体戦で、1~3位を決定。

また競技終了後に「カーニバルオンアイス」という名のエキシビジョンが行われる。

【会場】

さいたまスーパーアリーナ

【主催】

公益財団法人日本スケート連盟/テレビ東京

【公認】

ISU(国際スケート連盟】

【特別協賛】

木下グループ

【企画】

IMG

あたし真っ先に中止になる筆頭の大会が「ジャパンオープン2020」だとてっきり思っていたから、まさかの撤回にびっくりよ!

あくまで主催は日本スケ連なのね、なんか嫌な予感しかしないわ、、、

日本スケ連の公式からはNHK杯についてのツイート以来、特に何も発信はないのよね。

まず、どうやって北米、欧州の選手達を日本へ誘致するの!?

政府が五輪目的などで、日本へ来るアスリートに対しての、入国制限緩和の動きもあるようだけど、

現状では欧米、北米からは入国制限がかかっている状態になっているわよね。

仮に日本へ入国できたとしても、

入国した日の過去14日以内に『入管法に基づく入国制限対象地域(※1)』、および、『検疫強化対象地域(※2)』に滞在歴がある方には、入国の前後で以下の対応をお願いします。

■健康状態に異常のない方も含め、検疫所長の指定する場所(自宅など)で入国日を0日として14 日目まで待機し、空港等からの移動も含め公共交通機関を使用しないこと
■このため、入国前に、ご自身で入国後に待機する滞在先と、空港からその滞在先まで移動する手段(公共交通機関以外)を確保すること
■入国の際に、検疫官によって、入国後に待機する滞在先と、空港から移動する手段について検疫所に登録いただくこと

加えて、検疫強化対象地域として追加された日にかかわらず、入国した日の過去14日以内に『入管法に基づく入国制限対象地域(※1)』に滞在歴のある方については、全員にPCR 検査と、保健所等による定期的な健康確認を実施させていただくこととしています。

※厚生労働省公式より一部引用

https://www.forth.go.jp/news/20200701.html

14日間の隔離が待っているだろうし、そのまま日本へ残るかどうかは別として、

たった1日の「ジャパンオープン」の為に、また国へ帰り、さらに14日間で計1ヶ月の隔離を、このシーズンインの時期にするとは到底思えないのよね。

国別対抗としてではなくて、無観客で、あくまで国内大会の新プロお披露目としての位置づけならわかるけれど、

そこに主催者のスケ連やテレ東が絡んでるから、「利益至上主義」がちらついてしまって厄介なのよ。

まさか会場、さいたまスーパーアリーナでそのまま観客を入れてやるつもりじゃないでしょうね?

エキシビジョンまでもやり兼ねない恐ろしい組織よ、スケ連て。

ロシアのように、日本はテストスケートがないのだから、そういった意味合いの無観客試合なら良いと思うのだけどね。

元々「ジャパンオープン」て、あたしの中ではショー的なお祭り要素が強いのよ。

たった1日なのに、カーニバルオンアイスで観客また一から入れ替えてやるでしょ!? すごいわよね、スケ連も。

それに昨シーズンまで、男子シングル特別強化指定だった高橋大輔が、競技には出ずに、ショーのカーニバルオンアイスだけ出場っていうのも、

なんかスケ連が利益を出す為に、客寄せパンダ的に扱っていたのもすごく気になったのよね。

海外の選手達は良い条件で賞金も出るし、競技を続けていく為には、ぜひ参加したい大会であるのはよくわかるけれど、

主催者のスケ連やテレ東が、賞金を理由に、安全面をないがしろにして、海外から選手を誘致しようとしないかも心配よ。

今ショーなどがことごとく中止になっているからね、どうしても参加して活動資金をっていう選手やプロだっているはずだしね。

皆様はジャパンオープンの開催についてはどう思われるかしら!?

あたしは無観客で国内大会としての位置付けでの開催しか賛成できないわね。いずれにせよ、観客入れるならもう販売していかないと間に合わないだろうし、

近日中に詳細の発表があるんじゃないかしらね。

そしてもし、羽生結弦が日本へいるのなら、NHK杯に出るのなら、ジャパンオープンへの参加もあるかもしれないわね。

【本日発売!】

フィギュアスケートマガジン2020-2021 Vol.1 プレシーズン

【内容紹介】

羽生結弦

さあ、フィギュアスケートを語ろう。
羽生結弦を思い、考える喜び。

2012 ニース世界選手権
言葉を超越した「野生」。

2014 ソチ五輪
震災と、仙台と、青の時代。

STAY GOLD
フィギュアスケート・マガジンが報じた羽生結弦
2014 全日本選手権
2015 世界国別対抗戦
2015 オータムクラシック
2015 スケートカナダ
2015 NHK杯
2015 GPファイナル
2015 全日本選手権
2016 ボストン世界選手権
2016 トロント公開練習
2016 オータムクラシック
2016 スケートカナダ
2016 NHK杯
2016 GPファイナル
2017 四大陸選手権
2017 ヘルシンキ世界選手権
平昌へとつづく「ヘルシンキの逆転」。
2017 世界国別対抗戦
2017 トロント公開練習
2017 オータムクラシック
2017 ロステレコムカップ

「待ってろ平昌、必ず行くから」
読者に寄り添う決意を強くした、あの日。

2018 平昌五輪
「生きていて、よかった。」
困難を乗り越えての連続優勝

2018 平昌五輪・練習後会見
会見場で見た、勝利の瞬間。

仙台「2連覇おめでとう」パレード
そのとき、風が吹いた。

フィギュアスケート・マガジンと2018-2019シーズン

恒例! 記者座談会
「全力」や「覚悟」の本当の意味。
羽生結弦は自らの生きざまで、
それを私たちに教えてくれる。

羽生結弦 SKATE & JOURNEY
物語が動き出す瞬間。

ISUアワード2020

↓ご注文はこちらよ↓

スポンサーリンク

本日20:00から!男女シングル、ロシアジュニアテストスケート

【スケジュール】

8/18(火)
20:00~ 男女シングル・ショート

8/19(水)
20:00~ 男女シングルフリー

【ライスト】

第一チャンネル

こちら、あたしが注目している女子シングル、サモデルキナの、

昨シーズン、モスクワ選手権のフリー演技よ。

もしライストをご覧になられる方がいらっしゃったら、ぜひ彼女の演技を見てほしいわ。

まだまだジャンプ、そして表現力も粗削りな部分もあるけれど、将来性を感じるのよね~。

「仮面舞踏会」まだ曲に乗っかっているだけのようだもの。

もしも彼女が成長したら、エレガントかつダイナミックさも兼ね備えたスケーターになりそうな気がするわ。

皆様とお話したいことたくさんあるのよ。

エロスが年齢制限の引き上げに賛成したお話とか、コーチのミーシン氏がグランプリシリーズにおける問題点などを語っているし、

徐々に開催概要などが明らかになってきている大会もあるので、また明日お話できたらいいわね。

それでは皆様、今後ISUが更新していくスケジュールにも注目しながら、一緒に新シーズンを迎えましょうね。

スポンサーリンク

最後までお読み頂きありがとうございます。

共感して頂けることがあれば、ぜひ!!!

下のブログランキングバナー2つをクリックして頂けると励みになります。

【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で、バナー2つ押していってくださいまし!

【ブログランキング第9位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第6位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. セデル 2020年8月18日 9:42 PM

    おネエ様こんばんは。

    これには本当にびっくり仰天てすね!!
    どうやって開催するのか予測不可能なんですけど。
    海外スケーターの招致がまず無理。こんな時に、こんな非公式なものにリスク冒して来日するスケーターいるのでしょうか?

    まして、感染者の多い首都圏開催。キャパがデカイたまアリにソーシャルディスタンスとって観客入れるなんて怖すぎです。
    たまアリに行く過程の移動のリスクも考えるべきだと思います。正直、地方の人間は東京に行きたいとは思わないですし、県からも移動自粛や回避の指示も出てます。国内のスケーターでさえも躊躇すると思います。

    金の亡者のスケ連ですから商魂は凄いと思います。
    延期でなく中止でも良かったのに。
    本当にスケーターのリスクを軽視してる様にしか思えません。とにかく中止か延期を希望します。
    やったとしても国内スケーター限定で無観客が条件だと思います。

    • オネエ 2020年8月20日 5:42 PM

      >セデル様

      セデルさん、こんばんは。
      わたしもびっくりしました。この状況で海外から招待して、カーニバルまでやるのか?って
      真っ先に思ってしまいました。主催者がスケ連なのですからね。
      ジャパンオープンは割とシーズン最初のお祭り的な要素があるイベントとして捉えていたので、
      中止にならなかったのは、いろいろな版権やスポンサーなどの事情もあるのでしょうね。

  2. なっこさん 2020年8月19日 11:38 AM

    こんにちは

    JO.そのうち、Cancelledの文字、追加されるのでは?

    それとも、国内東西地域対抗戦? だとしても、たまアリ、ありえないのでは?いくら間引き席といっても。

    • オネエ 2020年8月20日 5:47 PM

      >なっこさん様

      たまアリで、間引き席開催では会場費などの費用がどう考えても
      補填できないでしょうね。
      キャンセルか、もしくは会場を変えて、国内大会の初戦、ロシアでいうテストスケート的な開催で
      無観客でも良いと思うのですが。

  3. リン  2020年8月19日 2:51 PM

     おねえさま 海外選手が渡航できる特例法が制定されたとか。伊東さんの要請? この状況で大丈夫かしら。皆さん 危険な日本の首都圏に来るかしら。来てもらったらもらったで怖いかも。 ロシアの コロナ眼中になしのハチャメチャぶりや アメリカスケレンの活躍に、焦りまくっているのかしら。ただ、ロシアは、選手層は日本に比べてかなり分厚いし、次から次に現れる天才スケーターたち。 誰にも気兼ねせずに 重鎮たちも自由に伸び伸びと言いたい放題のバトル!  批判し合い、牽制し合うことで水は流れて、よどまずに腐らない。
     こちらは、理不尽な冷遇や 誰かが汚いやり方で羽生下げをもくろんだせいと、それに対して見ざる聞かざる言わざるの周りの姿勢にも、大多数をしめる羽生ファンは傷つき、かたくなになり、ますます人気の排他性は加熱する。メディアでさえ批判できない異常な空気・・・。悲しいかな不健全極まりない日本スケート界の現実があるわよね。  試合誘致以前に、やらなくてはならないことがあるのではないでしょうかね。  正しい道に修正しなければ・・・  ”天○がくだるよ“ て トリックの子役の名文句ですが、神様はそんなことはされません。 すべて潜在的な自己処罰。これが、一番こわい。

    • リン 2020年8月19日 3:17 PM

       追 スケレンが金の亡者になる理由って、関空の維持費や北海道新設のスピスケ養成施設がらみでしょうか? 今年は、アイスショー収入もありませんからね。かなり、大きな出費ですよね。でも、今回の試合って無観客で収入は見込めるのかしら。

      • オネエ 2020年8月21日 9:45 AM

        >リン様

        リンさん、おはようございます。
        伊東氏は独自に海外選手が特別に渡航できるようにお願いをしていると記事になっていましたね。
        選手の安全よりも自身の北京五輪プロジェクトの座長としての立場を考えているのでしょうね。
        無観客でもTV放送や、オンデマンド配信などやり方はいろいろあるかと。

  4. 通りすがり 2020年8月20日 10:41 PM

    お初のコメント失礼します。
    高齢の選手がシーズン序盤にピークを持っていけない事を考えれば試合に出ない事は不自然ではありませんし
    ライト層にも演技を見せる機会が一つでも多く増やせるのは選手にとって光栄な事と思います。
    その意思を開催者側に踊らされてるかのような表現でまとめるのは不公平な気がします。
    恐らくは管理人様が橋本聖子氏が嫌いで彼の言動の一つ一つに連盟の思惑を重ねてしまうのだと思うのですが、
    選手は一人の独立した人間でチャンスの一つを利用するしないも個人の勝手で
    他国の大会でも有り触れていてこの采配に関してスケ連の思惑とやらも邪推に感じます。

    実は私高橋選手でも宇野君でも無く真央ちゃんと羽生君が最推しなんですが
    この最大派閥であるこの4人を同時に応援するブログを見つけるのは至難の業です。
    このブログも基本的に楽しませて頂いていますが
    つむじから足の指先まで中傷批評全てに反応したり各団体に常に蔑ろにされている風な意見には
    無理に敵を作ろうとしてる様に感じる部分が多々あります。
    管理人様が高橋選手を嫌っているようには見えませんし本音を言うと1日に数本の記事をアップしないといけないから無意識の内にノルマになっているのでは?と感じています。

    好きだから全選手への応援のみの明るい面しか取り上げない場所もあれば
    好きな選手のみ扱い興味の無い選手は無視しているブログもあります。(9割は出来ていませんが)
    このブログのスタンスは独特で押しはいるけど推しと他選手を区別せず団体やルールにも切り込むスタイルですが
    私は必ずしも選手はあらゆる大人から守られているべきでメディアの批判に全て抗議する事が
    本人の為になっているとも思えません。
    悪意を持つ人と面する事は閉ざされた環境にいるスケーターの感受性を傷付ける事は有りますが
    それはスケート以外の場所に立てば防げるかと言えばそうでは無いし
    常に守られた人間が成熟した大人になるとも限りません。
    冷たい言い方をすればあまりに有り触れていて成熟した選手が毎日自信を失う事も「庇ってくれない事に対して」失望する事も無いと思います。
    現在精神的に不安定にあるメドベージェワ選手なら常に庇ってくれる方へ行くと思いますが
    羽生君や真央ちゃんがその様なスタンスを望むとは思いません。
    むしろ毎日反応されて話題がスケートの本質から離れる方が悲しいのではと思っています。

    これはあくまで私の意見でブログのスタンスを「変更して欲しい」とお願いしている訳では有りませんが、
    各選手の擁護記事や協会、メディア批判の記事を上げる際に頭の片隅にこういう意見も有るのだと認識して頂ければと思います。
    長々と失礼しました。

    • オネエ 2020年8月21日 9:30 AM

      >通りすがり様

      はじめまして、そしてコメントでのご意見ありがとうございます。
      真摯に受け止めたいと思っております。
      わたしはブログはある程度は自分の考えを述べることができる、自由な場と捉えております。
      そこに様々なご意見があるのも、もちろん理解しております。
      自分の考えや好きなことを書いていますので、スタンスを変えるつもりはないですが、
      ブログを書き始めると新たな発見もたくさんあり、皆様から沢山のことを学ばせて頂いております。

    • なっこさん 2020年8月21日 6:42 PM

      こんにちは

      ブログ、、
      スケートの本質 だけ語らねばならない、理由はないように思えます。
      「楽しみ」で発信し、 ここを訪問してる のだから。
       もっとも私がアスリートじゃないから そんな風に思うのかもしれませんね。 それにこちらは 閲覧数が多いから 影響力があると思います。

      私も真央&ユヅファンですので、、ここは安心です! もっともヴィンセントに出会って、だいぶ景色が変わりましたけど、真央&ユヅを核としたワールドワイドなこちらのサイトは 毎日チェックしています。
       

      • オネエ 2020年8月22日 5:48 PM

        >なっこさん様

        なっこさん、こんばんは。
        横から失礼致します。コメントを拝読して、とても嬉しかったです。
        ブログを続けていくと、皆様から様々なご意見を頂戴します。
        だからこそ毎日今まで続けてこれましたし、日々皆様に読んで頂き、コメントを頂けるからこそです。
        なっこさん始め、皆様本当にいつもありがとうございます。
        わたしの意見がすべてでは決してありませんし、何が正しいとか一括りにするのもないと思っています。
        いろいろと言われていることも知っています。でもブログにお越し頂ける皆様がわたしの原動力になっています!

        • リン 2020年8月24日 6:08 PM

           おねえさま、通りすがり様のご意見を、今頃読みました。すみません。わたくしが、毒を吐きすぎたみたいで ご迷惑をおかけしました。 確かに、スケート連盟の中にも選手たちに親身に寄り添って一生懸命働いている方々もいらっしゃるとはおもいます。しかしですよ。 では、会長さんからファイナル後におくられたあの酷いツィートや、珍バイトスルーについては、なんの説明すらないのはなぜでしょうか。あれは、スケート連盟として いいえ人として、決して許されてうやむやにしてはいけないものではないかしら。納得のいく対処がされていたならみんなこんなに不信になってはいませんよ。 羽生選手は守られないどころか嫌がらせ攻撃を受けていたと思うんですが・・。強くで守られる必要のない選手は、嫌がらせを受けても黙認することが正しいということですかね。いじめの黙認は、いじめと同じ行為なんですよね。
           実力のあるスター選手はハラスメントで追い詰められて、命がどうなってもかまわないのでしょうか。 今、そういうことで、何が起こっていますかね? 声をあげることは、大切ですよね。 おねえさまのブログは、とても貴重です。そして、本当に海外の選手にもお詳しいので勉強になります。
           スウェーデンが、安全面の取り決めを確認するために、チケット販売を延期にしたようですよ。  みんなが声をあげたせいかしら。
           ちなみに、私は 昔、高橋大輔選手も政治家になる前の橋本聖子も好きでした。
           今でも、アメリカ大会のムーランルージュやN杯のオペラ座とショートを時々なつかしく見ています。あの頃は、EXのピヨークの曲をかけながら通勤してました。織田くんの座頭市も圧巻でしたよね。 また、毒をはいてすみません。

          • オネエ 2020年8月25日 6:35 AM

            >リン様

            リンさんが謝られることは一切ありません。
            いろいろな方の考え方、意見があって当然ですし、
            わたしはあくまで個人の意見として、好きなことをブログで書いているまでです。
            誰が好き、嫌いというのも自由ですし、そこをはっきりさせる必要性もないと感じています。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.