スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

おかしなジャッジやルールが問題!羽生結弦が最大限の力を発揮したら勝てる

現役引退した日野龍樹が、羽生結弦は北京五輪に出場すると思うか?そこでネイサン・チェン選手に勝てると思うか?という週刊誌の問いに

「当然出ると思います、目指さない理由がないです。ゆづが自分の持っているものを最大限に出したら勝てると思います」と即答。

ISUジャッジの不当な採点やルールの中で、同期だからこそわかる日野氏の優しさや思いとは?

スポンサーリンク

おかしなジャッジやルールが問題!羽生結弦が最大限の力を発揮したら勝てる


羽生結弦の“同期”として過ごした競技人生 引退選手明かす

「“もう充分だな”と思う瞬間がないまま、引退を迎えました。でも“まだまだだな”って思ったままで終わることができたというのは、アスリートとして、スケート選手としては幸せなことだったと思います。ゆづもきっと、いつか引退するとき、100%の満足はしないんじゃないかな」

そう話すのは今年の3月でフィギュアスケートの現役を引退した日野龍樹さん(26)。羽生結弦選手(26)と同年齢で、同じく同期の田中刑事選手(26)らとともに、幼いころから切磋琢磨してきた。そんな日野さんに羽生選手についてお話を伺った。

「同い年ですし、仲良しです。ゆづは、おもしろいやつですしね(笑)。同期としても大事な存在です。昔は試合によって、僕が勝ったり、ゆづが勝ったり、という時期もありましたが、どちらが勝っても負けても“じゃあ次も頑張ろう”という感じで励まし合ってきました。競技人生の後半は、僕が圧倒的に追いかける形になりましたが、彼がいてくれるから頑張ろうと思える、ありがたい存在でしたね」

日野さんが羽生選手と出会ったのは、小学生のとき。

「小学校4年生のとき、合宿で一緒になって。そのとき初めて面と向かってしゃべりました。宿泊する部屋は別だったんですが、ゆづが僕らの部屋に来て。僕のルームメイト2人が見たいテレビ番組が別でちょっともめていたんです。『ヘキサゴン』っていうクイズ番組と、サッカーの日本代表の試合のどちらを見るかという話し合いを4人でしていたんですが、“なんで羽生もいるんだろう”って思ったのを覚えています(笑)。

ゆづはどちらを見たいというわけでもなく、どっちの意見も聞いて、何で見たいか、何時に終わるのとか、全部聞いていて。なにか話していたかったんでしょうね(笑)。番組が決まったら観ずに、自分の部屋に戻っちゃいましたから。“帰っちゃったよ”って思いました(笑)。とにかく明るくて、元気で、よくしゃべるな、という印象でしたね」

同世代の選手たちはみんな仲が良かったというが、交流は主に試合のとき。

「みんな住んでいる地域が違うので、ふだん遊びに行くということはできないんですよね。一緒に海外の試合に行ったりしたら、ご飯を食べに行くときに一緒に行ったり、そういう思い出はあります。プライベートでどこかに出かけた思い出はないですが、いつか行ってみたいですね」

引退したばかりの日野さんだが、7月から“会社員”の道を歩む。フィギュアスケート指導者の道は、あえて選ばなかった。

「本当にスケートを教えたくて仕方がない人が教えるべきで、今までスケートをやってきた流れで指導者をやる、というのは僕は嫌でした。それに今までスケートという殻の中で生きてきてしまった。きちっと社会に出て、人生の本当の難しさを知りたいなとずっと思っていたので、“スケート関係の仕事”という選択肢も自分のなかにありませんでした。ただこれからの経験を経て、数年後にまたスケートをかじっているかもわからないです。絶対なんてないですからね」

引退を決めるまでの日々のなかで、周囲の同世代が辞めていく寂しさや、肉体的な限界を感じることがあったという。同い年の羽生選手も同じような大変さや辛さを感じていそうだが――。

「ゆづも、あると思いますね。同期がいるというのは心の支えになりますから、僕が引退したことで、もう(田中)刑事とゆづ2人でお互いを励まし合っていくしかないので申し訳ないですけれど……。“先に辞めてごめんね”という気持ちと、逆に“僕のぶんもよろしく”という気持ちもあります」

羽生選手は北京五輪に出場すると思うか、そこでネイサン・チェン選手に勝てると思うか、という本誌の問いに「当然出ると思います、目指さない理由がないです」「ゆづが自分の持っているものを最大限に出したら勝てると思います」と、日野さんは即答する。羽生選手と“引退”についての話をしたことはあるのだろうか。

「ないですね。だから、ゆづがいつまでやるのかは、わからないですけど、とにかく体調とケガに気をつけてやってくれれば。彼のスケートが好きですし見ていたいなとも思う一方で、ストイックすぎるので休んでほしいっていう気持ちもあります。どこかで区切りをつけてやってほしいとも思いますけど、まだいけると思ったら“もう一年”“もう一年”とか言いだしそうでもありますよね。

とにかく彼がやりたいようにやってくれれば、と思います。来年でも、再来年でも、そのあとでもいつでも、本人のタイミングでスケート靴を脱ぐという決断をするのならば、そこまでは、全力で応援し続けます

日野さんから羽生選手にかけたい言葉を聞くと――。

「『頑張れ』とかそういう言葉は、もう何千回、何万回、何兆回言われていると思うんです。僕から改めて『頑張って』ということはもう滅多にないと思います。言われなくても頑張りますから、ゆづも(田中)刑事も。ですから、何年後になるのかわからないですけど、きちっと最後を迎えられたら、そのときに『お疲れさま』という言葉をかけてあげたいですね」

女性自身より一部引用

女性自身から3つ目の記事が出ていたわね。日野氏の言葉、優しさ、同期だからこそわかる羽生結弦への想いが、

彼のコメントによく表れていて、とても素敵なお話だったわね。

恐らく女性週刊誌としては、羽生結弦の現役引退時期について引き出そうとして、「引退」を絡めた記事を書きたかったんじゃないかしら?

でも日野氏からは引き出せなかった。

「本人のタイミングでスケート靴を脱ぐという決断をするのならば、そこまでは、全力で応援し続けます」

この言葉にうるっと来てしまったわ。引退時期なんて、誰が決めるものでもない。本人の決断までは全力応援する。

まさにそこに尽きると思うのよね。来季、これまで以上に週刊誌やメディアは、北京五輪出場に対して、あることないこと報道してくるでしょう。

周囲からの期待、そしてプレッシャー。

でも、日野氏の最後の言葉。「頑張ってと言う言葉は滅多にかけない」もうこれ以上ないほど頑張っているから。

もう十二分すぎるぐらいの素晴らしい戦績を残してきたから。同期だからこその言葉だと思うわ。

羽生選手は北京五輪に出場すると思うか、そこでネイサン・チェン選手に勝てると思うか、という問い。

やっぱりそこを引き出そうとするわよね、そして何がなんでもネイサンを絡めようとするわよね。

でも、日野氏の言葉は、

「当然出ると思います、目指さない理由がないです。ゆづが自分の持っているものを最大限に出したら勝てると思います」

出場するかどうかは本人が決めることだけど、

「ユヅが自分の持っているものを最大限に出したら勝てると思います」という言葉には激しく同意だわ。

これまで、どれだけ不当な採点を受けてきたか。

河中氏のプレゼンもあったけれど、

「緻密に作り上げられているプログラム、一つでもミスをすると修正が難しい諸刃の剣とも言える、それを高いレベルでまとめ上げるのが羽生結弦の凄さ」

ここをジャッジがスルーして、GOE評価に結びつけてないところが本当に歯がゆい。

それどころか、シリアスエラーなるものを勝手に作って、

プログラムが中断され、構成や音楽との関係、連続性、流れるような美しさに影響を与えるものを指す。 転倒は確実に含まれ、ステップアウトは演技の動きを途切れさせるようなものであれば、重大なエラーになる。

1転倒or1シリアスエラーでSS、TR、CO9.75以上不可。PE、IN9.5以上不可。
2転倒or2シリアスエラーではSS、TR、COは9.25以上不可。PE、IN8.75以上不可。
トップ以外の選手についても本来のその選手のPCS比で下げる。

このルール改正には、

破綻のないプログラムを目指してほしいという国際スケート連盟からのメッセージがこめられている(参照:REALSPORTS)

という馬鹿げた見解を示したISU。

そもそも演技構成点の「振り付け・構成」、「曲の解釈」とシリアスエラーは一切関係ないでしょう。

そしてISUがゴリ推ししたい選手には決して発動されないというおかしな矛盾。

シークエンスの基礎点だって、ISUが疑問に思っているのならなぜすぐに改正しないのよ?

都合の悪いことはすべて北京五輪後なのよね。

本来であれば、五輪三連覇を目指してほしい!と言いたいところだけど、あまりにもISUが絶望的なので、

本人が現段階で五輪を目指していると公言していない以上は、何も言えないわよね。

☆合わせてお読み頂きたい

6月22日発売

☆Ice Jewels(アイスジュエルズ)Vol.14~羽生結弦スペシャルインタビュー~





今宵はスターズオンアイス2021の再放送があるのよね!

この頃は試合でのジャッジ採点に愛想を尽かしているから、

何の縛りもない、「自由」なエキシビジョンやショーナンバーを見ることが純粋に楽しめるのよね。

彼自身が振付をしたBlinding Lightsは、カメラの位置にまでこだわっていかに「魅せる」かを追求したプロ。

ますますドリームオンアイスを見に行きたくなるわけだけど、まず当たらないだろうなあという諦め感と、でも心のどこかで

当たるかもなんていう密かな願いを抱えながら、今夜の放送も楽しむわ笑

それでは、皆様どうか良い週末を。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. ゆきっちょ 2021年6月5日 10:44 AM

    五輪の順位予想を1番良く当てるのは、元選手達じゃないですか。
    オネエ様だって長年のフィギュアファンなので、今のネイサンみたいに
    「(これだけageられてる)この選手に勝てる人っているの?」と
    思わせられて、そして五輪で沈んでいく光景を何度も目にされたと思います。

    日野くんも多くは語ってませんが、平昌の予想でピッタリ賞を当てた大ちゃんとか
    プルクーリックのようなロシアの歴代金メダリストみたいに、実際に
    トップのレベルで試合を戦ってきた人達にしか見えない物があるのでしょう。

    とにかく・・・
    ISUも大国の意向に沿ってルールや運用を破綻させて競技を破壊する行為を
    続けいているから、ファンは羽生くん以外には一切お金を落とさないという
    アクションを起こしている訳で。

    • オネエ 2021年6月5日 1:32 PM

      >ゆきっちょ様

      ゆきっちょさん、こんにちは。
      確かにそうですね、五輪予想を当てるのは元選手達が多いですね!
      ISUはもう第三者機関に委ねて、一度浄化させてほしいです。

  2. 桃香 2021年6月5日 11:37 AM

    オネエ様、こんにちは!
    日野さんの記事のご紹介、ありがとうございました。
    読みながら、涙が出ました(T_T)

    日野さんのお人柄、素敵だし、素晴らしい!!
    感動してます♡
    羽生選手、良い同期に恵まれて本当に良かった!

    日野さんの、新天地でのご活躍、お祈りします!

    • オネエ 2021年6月5日 1:34 PM

      >桃香様

      桃香さん、こんにちは。
      日野氏の優しさが伝わってきますよね。
      場合によっては週刊誌によって切り取られた言葉を使われるのすら、
      きっと事前に把握していたのではないでしょうか?

  3. あじさい 2021年6月7日 11:16 AM

    おはようございます!
    何回も日野君のインタビューを呼んで あれ?このインタビューの受け答え完璧だなぁと感心しました。今まさに大坂選手の事がパトリックまでコメントしてる中で オネエ様がおっしゃるように「どこを切っても マイナス要素にならないコメント」を心がけてくれた気がするんです。
    こんなに長くたくさん答えてくれてますが なんの心配もないコメント…なんか言い方へんだけど。これはね羽生君喜んでると思いますよ。
    北京のとこは割愛としても(笑)

    • オネエ 2021年6月7日 5:02 PM

      >あじさい様

      あじさいさん、こんばんは。
      日野氏の受け答えは、いろいろな方面に、なによりも羽生結弦に配慮していたと思います。
      どこかを切り取られ、週刊誌がおかしな報道をすることも分かっていたと思います。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.