スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート

投稿日:

米国コーチの暴力が酷すぎる!わずか1ヶ月の停職処分は果たして妥当か?

米国人コーチであるピーター・オペガード氏は、指導中に激怒し教え子の女子スケーターの腕に噛みついたり、

お茶やコーヒーを投げつけたりしたとして、米国セーフスポーツセンターが1ヶ月の停職処分を下すもあまりに短すぎるわよ。

以前もロシアコーチの教え子による暴力が思い出されるけれど、この時もわずか2週間の処分だったのよね、、、

スポンサーリンク

米国コーチの暴力が酷すぎる!わずか1ヶ月の停職処分は果たして妥当か?


アスリートを虐待から守る非営利団体「米国セーフスポーツセンター」は2日(日本時間3日)、フィギュアスケート女子選手への身体的虐待の疑惑をかけられていた米国人コーチで1988年カルガリー五輪ペア銅メダルのピーター・オペガード氏(62)に1か月の停職処分を下した。米国フィギュアスケート協会の公式サイトでも公表された。

米メディア「USAトゥデー」によると、オペガード氏は2013年、当時15歳だったペア女子スケーターのジェシカ・ファンドさんのトレーニング指導中に激怒し、腕に噛みついたとされる。ジェシカさんは同メディアの取材に対し「彼はジャンプの着地位置を示すために氷の上で私をサポートしていました。彼は両手で私を抱きかかえ、身を乗り出して私の右の二の腕あたりを噛みつきました」と証言している。

その後、ジェシカさんは腕に歯形が残った状態で帰宅。母・ローレルさんは腕に噛まれた跡を確認し、あざは約1週間も消えなかったという。ジェシカさんは母と話し合い、練習への影響などを考慮した結果、この件を協会に報告しないことを決めた。オペガード氏の妻は1998年長野五輪銀メダルのミシェル・クワンさんの姉、カレン・クワンさんであり、家族への影響も考えて踏みとどまったという。

一方、米国セーフスポーツセンターが2020年7月に始めた調査によると、オペガード氏は05~18年に指導していた米カリフォルニア州のイーストウエスト・アイスパレスで、スケーターに向かってお湯やコーヒーを投げつけた疑惑も浮上。目撃した2人の関係者(報復を恐れて匿名を希望)の証言などによって事実が判明したという。

米国内では過去にもコーチによる性的虐待などが取りざたされている。同センターは米国体操界の大規模な性的虐待事件を受けて2017年に設立された。

東スポより一部引用

今年の2月にUSATODAYは、オペガード氏の暴行疑惑を調査中との報道をしていたのよね。

トレーニング中に激怒し、女子スケーターの腕に噛みつくって、もはやコーチでなく、ただの野獣じゃない!

2013年の被害に遭った時点で、練習や家族への影響を考えて踏みとどまったというけどさ、一体どんな圧力よ?

そもそも噛みつかれた時点で練習に影響出てるんだから、やっぱりスケ連に声を上げないとダメよ。

だから、結局別のスケーターにもお茶やコーヒーを投げつけたり、スケーターを「教え子」とも思わないような卑劣な行為を繰り返していたわけでしょ?

これら一連の行為に対して出た判決は、わずか1ヶ月の停職処分ですって!?なんだか甘すぎない?

ここにも何かおかしな力が作用しているようにしか思えないのよね。

またコーチに復帰したって、どうせ同じこと繰り返すだけよ。

米国スケ連の公式サイトでも公表ってあるけどさ、どこに書いてあるの?というぐらいわかりづらい。

それどころか、今はミシェル・クワンの2019年以来の殿堂入りとなる米国オリンピック・パラリンピック殿堂、2022年クラスのオリンピアン最終候補者15名のうちの1人に選ばれたというニュースがどどーんとトップに!

クワンの姉が、オペガード氏の妻だなんて、マイナスでしかないものね。

以前もロシアコーチが、教え子の少女の首元を掴み、乱暴に突き飛ばし、氷の上に飛ばされるという事件があったわよね。

後半では少しこの件について、振り返って見ましょう。

【羽生結弦関連新書籍ご案内】

発売中

☆フィギュアスケート・カルチュラルブック2021-2022 氷上の創造者

【羽生結弦関連ドキュメントのご案内】

新着!

羽生結弦4回転アクセルに初挑戦!6度目の優勝を果たし、北京五輪代表を決めた全日本選手権の密着ドキュメント

FODプレミアムから、羽生結弦の新着エピソードが公開になったわね。

再登録の際に、メールアドレス、クレジットカードを以前のものと変更すれば、新規登録として無料トライアルで視聴できるわよ。

これは一度ぜひ見ておきたいわよね。

↓初回2週間無料トライアル↓





「誰にも子供に暴力を振るう権利はない!」

ソチ五輪ペア金メダリスト、タチアナ・ボロソジャル(マキシム・トランコフ氏の奥様)が、

モスクワのあるスケートスクールのコーチが、トレーニング中に教え子の少女の首元を掴み、氷の上に投げ飛ばした衝撃映像について怒りをぶちまけた。

映像は、この少女と同じ学校に通う母親によって記録されたもので、コーチが少女の首元をつかんでから乱暴に突き飛ばし、氷の上に飛ばされる様子が映し出されている。

非道な瞬間をカメラに収めたショックを受けた母親は、スクールの経営陣にそれを見せ、そのコーチを解雇するよう要求した。

スキャンダルが明らかになるにつれ、子供達がコーチの手でさらに荒い扱いを受けていることが明らかになった。

罵ったり、彼女の指令に従わなかった場合に体罰をしていたと。

名前が明らかにされていない女性コーチは、すでにプロ意識の欠如のために2週間の停職処分を受けたが、苦情があったにもかかわらず、仕事に戻ってきた。

ロシアのフィギュア界に衝撃を与えたこの事件で、多くの有名選手がコーチの酷い体罰を非難の声を上げているが、スクール側からはまだコメントが出ていない。

ボロソジャル氏は、コーチが子供たちに暴力を振るう権利はなく、このような非道な行為の言い訳はできないと強調した。

「フィギュアスケートは非常に自制心と規律を必要とする過酷なスポーツです。しかし、誰も子供に暴力を振るう権利はありません。それは問題外です!」

と自身のインスタグラムに投稿した。

「コーチは厳しいかもしれないが、体罰とは何の関係もない。暴力を振るったコーチは、これ(体罰)が彼女のトレーニング方法であると報告しています。これらは方法ではなく、これはプロとしての資質の欠如であり、子供たちと一緒に仕事をする能力の欠如である」と彼女は付け加えた。

この動画はネット上で広く共有され、ロシアでは騒ぎになっており、ファンはフィギュアスケート上層部にコーチを解雇するだけでなく、彼女のコーチ資格を生涯停止にするよう求めている。

※出典・参照:RT

こちらのコーチへも、もわずか2週間の停職処分。

一体どうなっているのやら、、、

スケーターへの処分は重くとも、コーチへの制裁って甘いケースが多いわよね?

☆合わせてお読み頂きたい

スポンサーリンク


最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. fujino 2022年5月10日 1:09 AM

    オネエ様、こんばんは。
    本当に酷い話で憤慨しています。孫のような年の差の教え子に跡が残るほど噛みつくなんて、こんなに理性のない人物がコーチをしているとか、あり得ません。ミーシン先生から学んで欲しい。しかも練習への影響=報復を恐れて黙るほか手立てがなかっただなんて、子ども達の成長にどれだけの影を落とすか。それがたった1カ月の停職処分とは…。背景を知るほど慣れ合い、忖度の構図が見えてきますね、闇が深い。
    ISUの会長選に出馬したアメリカ人の方(名前覚えてないですが)。自国のスケート界を放置したまま白々と選挙に当選しようものなら、もう本当に終わりですね。ロシアもそうですが、こんなの追放ですよ。
    方向性違いますが、ドーピングが発覚したロシアのソツコワは罰則で10年間フィギュアスケートに関わってはならないという処分を受けていますよね。コーチはもちろん振付師などに就くのもダメ。若いソツコワにとっては永久追放にも近い措置です。それに対し生徒への虐待が2週間、1カ月の停職処分って罰の重さが違いすぎませんかね。

    • オネエ 2022年5月10日 9:20 AM

      >fujino様

      スケーターに対して厳しい処罰を課すのなら、暴力を振るったコーチにもしてほしいですよね。注意してもなかなか治らないのが大人ですから。暴力を受けても、それを公にできないっておかしすぎます。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.