スポンサーリンク

スポンサーリンク

アリョーナ・コストルナヤ フィギュアスケート

更新日:

女王の品格って何よ?コストルナヤの批判記事を書く記者の品格は?

皆様、おはようございます。

グランプリファイナル関係のニュース記事を読んでいたら、

早速、コストルナヤに対する批判記事が出ていて驚いたわ!

何故「批判」とあたしが捉えたか?

そこには記者ライターの選手に対する「愛」が全く感じられなかったから、、、

選手をただ批判するのと「愛」を持った指摘とは全く別物よ!

コストルナヤの会見の態度に疑問。新女王誕生に思うスケーターの品格。

正直に言えば、会見の壇上に並んでいる3人を見て、本当にこれがシニア女子のメダリスト3人なのかと、覚めた感情が湧いてくるのを抑えるのは難しかった。

コストルナヤは膝の上に携帯電話をおいているのか、ずっと視線を下に向けたまま。質問した記者の顔をみようともせずに、コメントも木で鼻をくくったようなそっけなさである。

氷の上の演技の優雅さと、この会見での態度のあまりのギャップにたじろがされた。フランス杯ではこのような態度ではなかったが、その後何かあったのだろうか。

トゥルソワは自分の愛犬に視線を落としたまま、記者会見は上の空といった様子。

正面を向いて記者席をきちんと見渡しているのは、シェルバコワのみであった。

女子に新世代が登場し、かつてなかったレベルに到達したことはスポーツとして大切な歴史であり、本当は喜ぶべきことなのだろう。

でも特にフィギュアスケートにおいて、チャンピオンにはそれなりの品格というものが求められる。才能には責任もついて回るということを、彼女たちは誰からも教わってこなかったのではないだろうか。

以前も同じようなことがあった。

以前に同じようなことがあったと記憶を辿ったら、2014年12月のバルセロナGPファイナルのSPで、エリザベータ・トゥクタミシェワ、ユリア・リプニツカヤ、エレナ・ラジオノワの3人が記者会見に来たときのことだった。

あの中で、現在も選手として残っているのは唯一正面を向いて座っていたトゥクタミシェワだけだ。

コストルナヤは、フランス杯の時にカロリーナ・コストナーの滑りを尊敬していることを口にしていた。

だがコストナーは、15歳でシニアデビューした当時から記者会見でこのような態度を見せたことは一度もない。

エフゲニア・メドベデワ、アリーナ・ザギトワ、そしてもちろん昨年チャンピオンになった紀平梨花も、会見ではきちんとチャンピオンに相応しい態度で臨んでいた。

飛びぬけた身体的才能でいきなりジュニアからシニアの表彰台を制したティーンエイジャーの女子たち。彼女たちがこれから、シニアの女王に相応しい品格を身に着けていってくれることを願いたい。

※Number記事より一部抜粋 文・田村明子氏

https://number.bunshun.jp/articles/-/841745?page=2

【グランプリファイナル女子プレカン】

このライターの記事には全く「愛」が感じられないわ!

確かに彼女達はまだジュニアから上がってきたばかりで、「公の場」での振る舞いは

完璧ではないかもしれない。

でも、まず選手達の功績を褒めたたえることもせずに、頭ごなしに会見の態度に疑問!ていう大きな見出しから、否定的な言葉を使い、記事にするのは間違っていると思うわよ!

「さめた感情が湧いてきた」、「本当は喜ぶべきことなのだろう」

そして最後は、過去の選手を例に取り、「女王の品格に相応しくない選手はすべて消えた」と言わんばかり。

一体、この記事のどこにスケーターに対する「愛」があるのだろう?

【羽生結弦関連の書籍情報】

表紙が来たわよ!12月27日発売のグランプリファイナルの激闘を!

「フィギュアスケートMemorial グランプリシリーズ2019 in グランプリファイナル」

女王に求められる品格とは何?を問う前に「記者としての自分の品格」を問うべきよ!

「女王に求められる品格」って一体何!?

あたしはそこに固定観念を、いまから育っていく選手に当てはめることはナンセンスだと思うわ!

もちろん人としての道にあまりに外れたり、人様に迷惑がかかるようなことはあってはならないけど、

その時代の「王者」、「女王」って、その人、その人の「個性」であるべきだし、

こうなければいけない決まりなんてどこにもないはずよ!

それをこうしなさい!っていうのはただの押し付け。

このライターは「自身が勝手に求める品格」をいちいち歴代のチャンピオンひとりひとりに

当てはめて、そぐわないと否定してきたの!?

なんでコストルナヤを!?

彼女のような女子フィギュア界にとっての「逸材」をやみくもに批判することは、やめてもらいたいわ。

これから時間をかけてでも構わない、ロシア連盟、また彼女の周りの大人たちが教えていけばいいこと。

周りが批判するのはおかと違いよ。

あたしは逆に「ライターとしての品格」を問いたいぐらいだわ!

選手の品格を問う前に、自分たちの品格を問うべきよ。

だってこうした凝り固まった考え方をした輩からの質問なんて、うんざりしてしまうでしょうから。

皆様のご意見もお待ちしているわね。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

皆様のお陰でブログランキング素晴らしい順位にいることができています。

共感して頂けることがあったり、応援してくださるお気持ちを

ぜひ下の2つのバナーをポチっと頂けると励みになります!




 

【いつも応援ありがとうございます!】

皆様のお陰です。

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第8位です】

フィギュアスケートランキング

25歳のお誕生日おめでとう!

【ブログ村第1位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

様々な想いを儚い桜の花びらに乗せて、天に届ける!

-アリョーナ・コストルナヤ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.