スポンサーリンク

スポンサーリンク

うたしん カミラ・ワリエワ フィギュアスケート

投稿日:

圧巻の演技よ!女子フリーとうたしんの結果は?世界ジュニアフィギュア

皆様、こんばんは!

世界ジュニア、女子フリーが終わり、ロシアのカミラ・ワリエワが圧巻の演技で見事優勝したわよ!

北京五輪に向けて、強力すぎる金メダル候補がまたひとり、ここに、、、

そしてアイスダンスのフリーダンスではうたしんが8位に入る大健闘を見せたわよ!




ワリエワの演技に、今の女子フィギュアのひとつの完成形を見たわ!

【女子シングル総合順位表】

ひとり別次元で、これぞ今の女子フィギュア界のひとつの完成形とも言える、素晴らしい演技を見せたワリエワ。

順位表から見えてくるのは、やはりジュニア世代のロシア、韓国の台頭。

日本女子のこれからのポジションを今、スケート連盟は危機感を持って考えて、選手を育てていかないと、その差はますます開いていくような気がするわ。

【フリー順位表】

優勝 カミラ・ワリエワ(ロシア)227.30点

【ワリエワフリー】

【プロトコル】

お見事!圧巻の演技だったわね~。

冒頭の4Tはステップアウトしてしまったけど、すかさずもう一度4Tをコンビで決めてきたのは素晴らしいわ!

演技構成点ではすでに9点台を付けるジャッジまでが!ホントにジュニア!?笑

ジャンプ、スピン、ステップとどれを取っても、ジャッジが加点をしたくなるような美しい演技!これから様々な経験と共に表現する幅がどんどん広がれば、彼女どこまでも進化していくでしょうね。

キスクラでは今季最高の笑顔を見せてくれて、良かったわ~。彼女、笑顔が似合うもの。

北京五輪には年齢規定は間に合うワリ江。

コストルナヤ、シェルバコワ、トルソワ等と共に、熾烈な代表争いを繰り広げていくのでしょうね。

日本にとっては脅威でしょうけど、フィギュア界のレベルを押し上げてくれるスケーターが出てきたことが素直に嬉しいわ!

2位 ダリア・ウサチョウ(ロシア)207.74点

【ウサ子フリー】

【プロトコル】

最終滑走というプレッシャーの中で、ウサ子はきちんと自分のパフォーマンスを見せたわよね。

「恋の病」byララ・ファビアンの情感溢れる、難しい曲をジュニアでありながら、ここまで演じれるのは高い表現力を持っているからこそよね。

フリップのコンビにアテンションが付いてしまったけど、単独はしっかりと決めて、

演技全体の完成度の高さで加点がもらえるような素晴らしい内容の演技だったわ。

キスクラではルイ・エテリ・ヴィトンも拍手を送っていたわよ!

これからフィギュア帝国ロシアの中で、抜き出ていくためには何をすべきかというのも彼女の課題になるでしょうね。

3位 アリサ・リウ(アメリカ)204.83点

【アリサリウフリー】

【プロトコル】

難しい構成に果敢にチャレンジしてきたわよね。

ポテンシャルの高さを改めて見せてくれたリウ。

今回はジャンプに関してテクニカルはきちんとしたジャッジをしたのじゃないかしら。

4Lz、3Aという難度の高いジャンプをクリーンに決めることができるのなら、まだまだ伸びるスケーターよね。

そしてジャンプだけでない、スピン、ステップなどの部分でもしっかりと魅せれるオールラウンダーの力を持っているわよね。

アメリカスケ連は彼女を大事に育てていってほしいわよね。

☆合わせてお読み頂きたい女子シングルショートの記事よ☆

凄いわ!ジュニア今季世界最高得点!ショート首位ワリエワ圧巻の演技

これからの日本女子が世界トップと戦うためにすべきこととは?

11位 河辺愛菜(日本) 169.62点

【河辺愛菜フリー】

【プロトコル】

冒頭の3A惜しかったわね。

単独の3Lo、3Lzが開いてしまい、得点に結びつかないのは勿体ないわよ。

彼女、ジャンプの素質いいものを持っていると思うんだけど、もっと自信をつけてほしいわよね。

そして構成ではやはり後半にコンビネーションを2つ持ってこないと、

世界のトップと戦っていくのは難しいんじゃないかしら。

14位 川畑和愛 159.47点

【川畑和愛】

【プロトコル】

冒頭のコンビネーションの転倒、大丈夫だったかしら!?

その後の演技に少し影響が出てしまったような気がするわね、その後のジャンプがなかなか安定しなかったもの。

彼女、本来はもっと力のある選手なのよ、だからもっとできるはずなのにという歯がゆい気持ちで見ていたわ。

映画「花様年華」から「夢二のテーマ」の難しい曲よね。ランビ様の振付なのよね。

叶わぬ想いこそ美しいという映画のテーマを表現したいんじゃないかしらね。

今回、韓国の選手まではご紹介できなかったのだけど、ジュニア世代、

ロシアと韓国がどんどん力を付けて来ているわよね。

ここでしっかりとその「差」を狭めていかないと、北京五輪後にその差はどんどん開いていってしまうわ。

もちろんISUがどんなルール改正と競技変更をするかにもよるけれどね。

優勝したワリエワがひとつのロールモデルだとも思うのよ。難度の高いジャンプを決めながらも、各要素での加点を確実に取れるような明確なポジション。

こういった部分を根本から強化していってほしいし、

スケ連にもぜひ底力のある日本選手達への育成をしっかりとお願いしたいわよ。

☆合わせてお読み頂きたい男子フリーの記事よ☆

波乱のフリーで激しい転倒も!鍵山優真と佐藤駿の結果は?世界ジュニア

フリーダンスでは8位に!うたしんが魅せた「ドンキホーテ」!

【うたしんフリーダンス】

凄いわ、フリーダンスではなんと8位に!

ドンキホーテのツイヅルもぴったりだったわよね!結成1年目とはとても思えないわよ。

キスクラでの花冠良いわね~。

【うたしんリズムダンス】

もう一度、こちらも元気になれるリズムダンス「コーラスライン」を!

日本のアイスダンス界のこれからが非常に楽しみになってきたわよね!

来季、ますますの飛躍を期待しているわ。

世界ジュニア、急ぎ足で見てきたけれど、またじっくりと紹介できなかった選手も含めて、

改めて記事に書いていきたいわ。

今、大会開催自体が難しい状況の中で、選手の安全が第一であってほしいけど、

やっぱり試合っていいな~って思うのよね、独特の緊張感がね。

皆様の世界ジュニアで印象に残った選手、演技などあったら、ぜひ教えて頂戴ね。

最後までお読み頂きありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第10位です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第2位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-うたしん, カミラ・ワリエワ, フィギュアスケート

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.