スポンサーリンク

スポンサーリンク

アレクサンドラ・トゥルソワ エリザベータ・トゥクタミシュワ フィギュアスケート

投稿日:

突然のフリー欠場で一体何が?トゥルソワは健康上の問題とスケ連が発表も

ロシアカップ第1戦シズラニ大会。女子ショートで首位に立ったのはトゥルソワ。冒頭の3Aがなかなか決まらないわね。

ところがフリーを前にして、ロシアスケート連盟が「トゥルソワは健康上の問題でフリーを欠場する」と発表。大丈夫かしら?

TELESPORTは彼女が欠場する理由を、フリーと同じ日に開催されるサンボ70の50周年記念式典への参加と報道しているけれど?

スポンサーリンク

突然のフリー欠場で一体何が?トゥルソワは健康上の問題とスケ連が発表も


【プロトコル】

トゥルソワがショート首位。

冒頭の3Aが、今の彼女の鬼門よね。ショートはもうこの1点に集約されていると思う。

ジャンプの回転は足りているように見えるけれど、なかなか本番で決まらないのはどうしてなのかしら?

演技構成点については、あくまでロシア国内大会なので、ここであ~だこ~だ言うのは無意味。

連戦で疲れているはずだけど、終始笑顔だったからそこまで心配していなかったのよね。

ところが、競技後にロシアスケート連盟が「トゥルソワは健康上の問題の為にフリーを欠場します」との発表が!

※参照:ロシアスケート連盟

複数のロシアメディアも彼女の健康上の問題を報道しているけれど、これから本格的なシーズンを前に大丈夫かしら?

テストスケート(チェリャビンスク)→USクラシック(ノーウッド)→ロシアカップ(シズラニ)と、

ファンからも賛否両論の声があった、タイトすぎるスケジュールが原因でなければ良いのだけど。

そんな中でTELESPORTは、なんとフリー欠場の別の理由を報道しているのよね。

シズラニで開催されているロシアカップで、トゥルソワがフリーへの参加を拒否した理由が明らかになった

アレクサンドラ・トゥルソワは、9月24日に国立クレムリン宮殿で開催される所属学校のサンボ50周年記念式典にゲストとして参加するため、シズラニで開催されている、ロシアカップ第1ステージのフリープログラムを辞退しました。これはSambo-70の代表であるライシェフ氏が発表したものです。

トゥルソワは(記念式典では)演技をせずにゲストとして参加します。そしてホストはメドベージェワとザギトワになります」

とライシェフ氏は語った。

※参照:TELESPORT

TELESPORTは健康上の理由を挙げずに、サンボ50周年記念式典にゲストで参加する為にフリーを欠場したと。

元々この式典は、ロシアカップフリーと同じ日に開催されるというのが気になるところよね。

いくつかの可能性が考えられるわね、、、

・エテリ陣営が、連戦の疲労を考えて、でも3Aを決めた良いイメージを作るためにショートだけ参加させた。元々記念式典には出る予定

・実際に健康上の問題が発生して、フリーに出場できなくなったので、記念式典に急遽出ることになった。ライシェフ氏が記念式典では演技しないと言っているしね

サンボの記念式典となれば、グレイヘンガウス氏も参加するだろうし、本当のところはどうなのかしらね?

もし怪我なら、今後の競技会に影響が出ないことを願うばかりよ、ただでさえクワド5本構成は体への負担も大きいでしょうし。

なんだかグレイ氏のファッションに目がいってしまうわ!腕時計豪華ね笑




【プロトコル】

まずリーザのプロトコル、3A横に「B」と記載があるのは、ロシアカップ独自のボーナス点のこと。

ロシアカップ独自のボーナス点規定(シニア女子)

・3Aおよびそれを含むエレメンツ 2点
・4回転およびそれを含むエレメンツ 2点
・レベル4のスピンで平均GOEが2以上 各1点

今回3Aをショートで跳んだことで、ボーナス『+2点』が技術点に加算されているわね。

本来の技術点『33.66』+『ボーナス2点』=『35.66』

トゥクタミシェワは、冒頭の3Aは直前の6分練習から好調で、本番でもしっかりと決めることができたのに、

3ルッツからのコンボでオーバーターンが入ってしまったわね。続くフリップは2回転に。

本来彼女はルッツジャンプを正確なエッジで跳ぶことができて、得意としているのに珍しいミスよね。

せっかくの3Aが生かされてこないのは残念だし、フリップはノーカンになってしまっているのがもったいないわ。

そしてテストスケートから気になっている、リンクの使い方。どうしても中央メインで小ぶりに見えてしまうのも残念。

大井ミーシン競馬場爺も、少し険しい表情を見せていたわね。

フリーではトゥルソワが欠場となって、リーザの優勝は間違いないでしょうけど、本人も納得のいく演技を見せてほしいわよね。

それでは、皆様本日もどうか良い一日をお過ごしくださいね。

☆合わせてお読み頂きたい

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

いつもブログランキングバナーでの応援クリック、心から感謝しております。

日々の励みになっています!

スポンサーリンク

清楚な人差し指で、応援クリックお願いします!

フィギュアスケートランキング

にほんブログ村 にほんブログ村へ

にほんブログ村

-アレクサンドラ・トゥルソワ, エリザベータ・トゥクタミシュワ, フィギュアスケート


スポンサーリンク


 

愛のオネエサロン

  1. 有紀* 2021年9月24日 9:46 AM

    オネエ様ご無沙汰しております!
    毎日のオネエ様のブログ更新は今も私の欠かせない日課であります。
    恥ずかしながら調べてもわからなかったので教えていただきたいのですが、ロシアカップというのはどういった位置付けの試合なのですか。国内のブロック大会みたいな
    ものですか。
    トゥルソワさんなんだか綺麗なお姉さんになりましたね。赤い髪のせいでしょうか。やっていることは凄まじいのですが、もう宇宙人には見えません。
    ですが、ショートの最後のポーズを見るたびにオネエ様寿司ざんまいって思ってないかな、とクスッとしています。

    • オネエ 2021年9月24日 2:47 PM

      >有紀*様

      有紀さん、お久しぶりです!
      いつもブログをご覧下さり、本当にありがとうございます。
      ロシアカップの位置付けは日本で言う、国内ブロック大会として捉える感覚で合っていると思います。
      ファイナル大会もあり、例年ファイナルは世界フィギュアの代表選考のひとつの基準にもなっています。
      また独自のボーナス点ルールもあるので、プロトコルが若干ややこしいですね汗
      寿司ざんまいポーズは不動ですね笑

  2. kk 2021年9月24日 12:15 PM

    オネエ様
     トゥルソワ 見ていると3Aはやはり恐怖があるように見えます。
     4Lzであれば 思い切って飛べるけれど 3Aはビビる・・
     これは致し方ないでしょうしあと4か月で克服するのは厳しいのでは?
     エテリも思うところがあるでしょうが、ショート:コス美 フリー:トゥルソワ
     ならば 完璧なんでしょうね?
     バランスから シェルバコワがリードですが ワリエワのフリーを考えてやって欲しいですが・・

    • オネエ 2021年9月24日 2:51 PM

      >kk様

      ワリエワのフリーボレロですが、ロシアでも
      今の彼女には合っていないのでは?という長文記事を見かけました。
      3Aとクワドの両立って本当に難しいですよね。そのバランスという点ではワリエワなのかなとも感じますが。

  3. ペドロ 2021年9月24日 3:04 PM

    オネエ様 こんにちは。

    トゥルソワのフリー棄権の理由、いろんな情報があって分からないですね。そもそもUSクラシックとロシアカップに出場した動機も不明ですから。
    それにしてもロシア・メディアのトゥルソワ評は、上げ下げが露骨ですね。クワド5本成功したら目一杯持ち上げて、後で転倒したら一斉に引き落とす、まあどこの国のスポーツ・メディアって似たり寄ったりで仕方ないことでしょうけど。

    トゥルソワ、たしか昨シーズンはショートで一度も3Aの挑戦していなかったはず、今シーズンは最初から3Aを入れてくるところを見ると、コンディションが相当良いのでしょうね。今のところ結果的には失敗の連続ですが、本番のGPSまでに間に合わせると思います。

    • オネエ 2021年9月25日 12:13 AM

      >ペドロ様

      ペドロさん、こんばんは。
      メディア情報をいろいろ読んでいくと、元々ショートしか参加の意向がなかったようですね。
      ただ、表向きは健康上の都合とスケ連が発表して、実際は怪我ではないと思います。一安心しました。
      今季、クワドが決まれば持ち上げられ、テストスケートはワリエワを超えて一番の評価でしたね。
      今後メディア評価はどうなっていくかですね。

あなたの愛をアタシにいただけないかしら?
※管理人で不適切と判断したコメントは一切公開されることはありません

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサーリンク

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.