スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

現役引退後はどうなる?歴代金メダリストたちのそれぞれの道!

皆様、こんばんは!

昨日取り上げた「名選手、名監督にあらず」。

トップでの活躍がなくともコーチとして一流選手を育て上げる名伯楽のお話をさせて頂いたわよね。

では逆に、歴代の金メダリスト達は現役引退後どうしていたのか?

サンモリッツから長野五輪までの男女シングルの金メダリスト達。

きっと皆様心躍る懐かしい名前が登場すること間違いなし子よ!




歴代の金メダリスト達それぞれの道!

・ディック・バトン ⇒ 解説者

「4回転、4回転、どいつもこいつも点数目当てに雑巾絞るみたいなジャンプばかり。あんな見苦しいものはみたくない。」

名言大賞差し上げたいぐらいよ。

ここまで毒舌でも清々しいのは、根底にフィギュア愛が垣間見れるからなのよ。

☆合わせてお読み頂きたい、バトン爺の毒舌集記事よ☆

羽生結弦は五輪2連覇の毒舌爺も唸らせる!アナザーストーリーズpt.1

・マンフレート・シュネルドルファー ⇒ 歌手・俳優・コーチ・スポーツショップ経営

・ヴォルフガング・シュヴァルツ ⇒ プロ転向。人身売買と誘拐で懲役刑

※2002年 ロシア、リトアニアからの女性の人身売買に関与した件で逮捕された
※2006年 人身売買に関与した件、及びウィーン在住のルーマニアの実業家の娘を誘拐させた件により懲役8年の有罪判決を受けた

グルノーブル五輪の金メダリストよ。

フィギュアを引退しても、その名誉に恥じない行動をしてもらいたいわよね。

多くの後に続いているスケーターの為にもよ。

・オンドレイ・ネペラ ⇒ プロ転向。コーチ 死去38才

・ジョン・カリー ⇒ プロ転向。ツアーカンパニーを設立 死去44才

皆様も聞いたことがある、チャレンジャーシリーズの「ネペラ杯」は

彼の名誉を讃えたところから来ているのよ。

ジョン・カリーも「唯一無二の表現力者」として、今のスケーターにも大きな影響を与えた選手よね。

ふたりとも死因はエイズを発症させてしまったのよね、、、

今と違ってセイファーではなく、性に対して自由奔放だった時代でもあったことも要因かもしれないわ。

・ロビン・カズンズ ⇒ プロ活動(会社を立ち上げアイスショーを興行)

・スコット・ハミルトン ⇒ 解説者。1986年スターズ・オン・アイスを立ち上げる。

皆様ご存知、今年「スターズ・オン・アイス2020」への出場が決まった羽生結弦。

その発起人がなんとスコット・ハミルトンなのよね!

このサラエボ五輪の衣装!当時センセーショナル過ぎたわよ!

梅干し食べて酸っぱマン!じゃなくて、

スーパーマンにしか見えないわよ~!

・アレクセイ・ウルマノフ ⇒ プロ転向。コーチ。現在はISUの公式技術審判員

リプ兄のトレーナー、目がチカチカするわ~笑

アネット・ペッチと共に、ISUの公式技術審査員なのよね。

・イリヤ・クーリック ⇒ プロ転向。コーチ。

・バーバラ・アン・スコット ⇒ プロ転向。美容室経営・執筆活動

・ジャネット・アルウェッグ ⇒  スイスで戦災孤児たちの仕事に従事

・テンリー・オルブライト ⇒ ハーバード・メディカルスクール卒。外科医。

・キャロル・ヘイス  ⇒ 女優・コーチ(ティモシー・ゲーブル  安藤美姫などを指導)

・ペギー・フレミング ⇒ プロ転向。解説者。

美しすぎるわ。年を取らないバケモノ

氷上のマドンナとは彼女のことよね。

☆合わせてお読み頂きたい美の原点!フレミングの記事よ☆

フィギュアスケート美の原点を1968年のアメリカに見た!

・ベアトリクス・シューバ ⇒ プロ転向。

・ドロシー・ハミル ⇒ プロ転向。

・アネット・ペッチ ⇒ コーチ。現在はISUの公式技術審判員

・カタリナ・ヴィット ⇒ プロ転向

・クリスティー・ヤマグチ プロ転向。

・オクサナ・バイウル ⇒ プロ転向。

・タラ・リピンスキー ⇒ プロ転向。解説者。タレント。

もうジョニ子と最高のコンビよね!

平昌五輪の会場でも、階段さえ見つければ、ふたりパリコレ状態ですもの笑

※読者様である、てんこ盛りパフェ様がメダリスト達の経歴について詳しく調べてくださいました。ありがとうございます!

☆合わせてお読み頂きたい「名選手、名監督にあらず」の記事よ☆

興味深い!必ずしもトップ選手が名コーチになるとは限らない

金メダリスト達が進む道にあるのは自身が努力を重ねて切り開いた!

【平昌五輪羽生結弦へのお祝いインタビュー】

あたしが凄く大好きなインタビュー!

タラソワ、もう言葉の「溜め」に気持ちが入りまくってるわ~。

少女のように嬉しそうな瞳よ!

そして、タラ江&ジョニ子もショービジネスとしてアメリカで独特の個性を発揮しているものね。

でもいつもこのインタビューで、

「ひれ伏すしかありません、彼は宇宙人のようです!」

って、いやいやアンタ達にひれ伏すしかないわよ~、宇宙人が宇宙人て言わないで頂戴!笑

っていっつもツッコミ入れたくなるわ~。

五輪金メダルという実績。

国によって、その後の待遇も様々。

プロとしてショーを立ち上げる位の力を手に入れる方もいるし、外科医として異分野で活躍する方もいる!

オーサー(銀メダリスト)はプロ転向してコーチする気は全然なかったけど、

そろそろプロ引退って時にトレイシーに請われてって経緯だったそうよ。

歴代の金メダリスト達の第二の人生、とても興味深いわよね。

その道は千差万別。そこにあるのは、その本人の努力で切り開いた道だっていうことなのよね。

犯罪は努力ではないけどね!

最後に皆様へクイズ!

この見事な跳躍力を屋外で見せた金メダリストは誰でしょう!?

※ヒント:雑巾絞り、毒舌爺

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ下の「ユヅハビ」ブログランキングバナー2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング第11位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村第4位です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.