スポンサーリンク

スポンサーリンク

フィギュアスケート 羽生結弦

投稿日:

疑惑のジャッジ採点どうして?羽生結弦の四大陸フィギュアを振り返る

皆様、おはようございます!

四大陸フィギュアスケート選手権が終わっても、何度も見返してしまう羽生結弦の「バラード第1番」、「SEIMEI」。

そしてプロトコルを見る度に湧いてくるジャッジへの疑問、不信感。

あたしが感じた「疑惑」が「確信」に変わったこと、、、あくまで私見ということをご理解頂いた上で。

「バラード第1番」では本人解説の動画もぜひ必見よ!




ジャッジパネルから国籍が消えた!ジャッジの国籍全員「ISU」

いきなりオラウータンじゃなくて、タラ江の雄叫び!

皆様、こちらは懐かしの旧採点6.0点満点方式。

ジャッジ名は明かさないものの、どの国がどんな点数を付け、どんな順位を付けているのかが一目瞭然よね。

このスコア表、少し頭の片隅に入れて置いて頂戴ね。

【グランプリファイナル男子ショートジャッジパネル】

TVやライヴ放送ではわからないものの、

プロトコルのジャッジパネルを見れば、どの国の誰がどんな点数を付けたのか、こちらも一目瞭然なのよね。

【四大陸フィギュア男子ショートジャッジパネル】

いきなり国籍が消えてるじゃない!笑

国籍=ISUとかふざけんじゃないわよ!

皆、ISUに魂を売ったのね、そうに違いないわ笑

こういうの総じて、一貫性がないっていうのよね~。正しいジャッジングをしていれば国を隠す必要性なんて全くないじゃない。堂々としていて頂戴よ。

こういうところはぬかりないんだから。

さあ、ではもう一度神演技、「バラード第1番」からもう一度振り返っていきましょう。

羽生結弦の「バラード第1番」は史上最高傑作と言っても過言ではない!

【ショート演技動画】

羽生結弦本人による解説!

「音を聴いてて心地良いんですよね。音の世界に少しづつ入って行く感じがあります。」

「やっと心の底から自分が喜べる演技だったと思っています。」

「ショートに関しては音と一緒にジャンプを跳んだり、スピンをやるのが物凄く幸せで、それを突き詰めてこれたからこそ、自分の演技があるんだなと改めてわかりました。」

【四大陸ショートプロトコル】

男子フリーのライブ放送が終わって、

あたくし、地上波は見たくなかったので、その夜、オネエ友達と新宿2丁目に繰り出したのよね。

そこで友達とフィギュアに関してはとことん辛口のお店のママも口を揃えて、

「バラード第1番」を絶賛していたわ。

「何かが降臨してきたような史上最高のショートだったわよね。でもなんで115点いかないの?」

ジャッジの付けたスコアの中でも演技構成点の「繋ぎ」に疑問!

【平昌五輪ショートプロトコル】

こちら平昌五輪の「バラード第1番」のプロトコル。

J7とか論外だけど、演技構成点で10点満点が付いた項目が「10個」に対して、

今回の四大陸では半分の「5個」。ジャッジの眼は節穴?

もう一度、四大陸のプロトコルを貼るわね。

【四大陸ショートプロトコル】

あたしね、すごく不自然な点があってね、

ジャンプばかりに最初は目が行ってて、なんで満点ジャンプじゃないのよ!怒って騒いでたんだけど、

あれだけいつもチンプンカンプンな基準で、ジャッジによって幅のある構成点やGOEなのに、

今回の演技構成点のトランジション、全員が見事に「9.50」で揃ってるのよね。こんな偶然あるの!?

スコアが出るまでにやけに時間がかかっていたのはこの為?

羽生結弦に112点は出さないようにしようとする意図にしか、あたしは感じられなかったわ。112点まで「0.18点」足りない。これは明らかにトランジションによって操作したとしか思えないのよ!

欧州フィギュアのパパシゼのようにね、、、

トランジション(つなぎ)とは?

ジャンプやスピンなどの要素と要素の間をつなぐ動きのこと。

ひとつの要素から次の要素への連続性のある動き、多様性、難易度、クオリティなどが評価ポイント。

4サルコウ、3アクセルにしろ、あれほどのジャンプの前後に連続性のある動きと工夫や難度、クオリティの評価よ、

どこいったのよ!?

ユヅ本人も解説の中で繋ぎに関しては細かく説明してくれていたわよ。

皆様、最初に旧採点方式のスコア表を思い出してほしいわ、そうよタラ江の雄叫びね!笑

【参照】https://skatingscores.com/

こちら、それぞれの国のジャッジ毎に、

ショートでそれぞれの選手に何点付けていて、

ショート全体で何位を付けているかという早わかり表よ。

どの国のジャッジが極端に他のジャッジ達に対して、どの選手を低く、高く評価しているかが一目瞭然よね。

続いて、フリー「SEIMEI」を見ていきましょう。

☆合わせてお読み頂きたい「ジャッジの採点」についての記事よ☆

ジャッジの採点がおかしすぎる!男子フリーの四大陸フィギュア

「SEIMEI」の演技構成点が低すぎるのは一体何故?

【フリー演技動画】

【プロトコル】

前半3アクセルから3フリップまでってステップしか踏んでいないのに何故跳べるの!?凄い!!!

でも何故フリップに「!」アテンションなの?????

?をいくつ付けても足りないわよ。

むしろジャッジの判定に「?」マークを追記でプロトコルに加えたいぐらいよ。

後半に入り、当初の予定では4トーループー3トーループのコンビだった予定が、

4トーループが堪えるジャンプになったところをとっさにオイラー挟んで3サルコウを付けてきたわね。

こういうとっさの判断ができて、すかさず実行できてしまうのは彼しかできないと思うのよ。なのにGOE「+2」付けてるジャッジもいれば「-3」付けてるジャッジも、、、

【参照】https://skatingscores.com/

こちらがフリーの各国のジャッジのスコアと順位表一覧。

メキシコジャッジが羽生結弦のフリーを全体4位に付けているし!!!

新「SEIMEI」。あたしは以前と比べて、音を捉える(音ハメ)のが手の動きから、より伝わってきたのよね。

確かに1転倒はあったわ。

演技構成点の中で「曲の解釈」がジャッジ6名が揃って「8.75」!?低すぎない?これって転倒のせい?

ジャンプや難度に関わらず、演技構成点に銀河点付けるジャッジ達が、

ここぞとばかりにジャンプのミスに連動させて、演技構成点を下げてくる。

これもシリアスエラーの一環かしら!?

選手達は何も不満ひとつ言わずにジャッジの一貫性のないスコアを受け入れているわよ。

いや、言えるわけがないのよ。

旧採点の時代から続く、疑惑のジャッジ。

もういい加減、断ち切らないといつまでも未来永劫、延々と繰り返されていくわね。

世界フィギュアでは、ジャッジのスコアなんかに惑わされずに、もっと尊い選手達の演技をしっかり見たいと思うのよ、、、

最後までご覧頂き、ありがとうございます。

ぜひ下の新ブログランキングバナー「バラ1」と「SEIMEI」2つをポチっと頂けると励みになります!




【いつも応援ありがとうございます!】

ぜひ清楚な人差し指で押していってくださいまし!

【ブログランキング↑第6位↑です】


フィギュアスケートランキング

【ブログ村↑第1位↑です】

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

-フィギュアスケート, 羽生結弦

Copyright© 羽生結弦好きのオネエが語るフィギュアスケート , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.